育毛メソセラピーやHARG療法とは、毛髪再生の有効成分を直接頭皮に注入する薄毛治療法です。と言っても馴染みのない人にとってはどのような治療なのか分からずに、不安に思う人も多いと思います。これらの治療内容はどのようなものでしょうか。

頭皮に直接注入して治療する

faga治療内容育毛メソセラピーやHARG療法は頭皮にフィナステリドやミノキシジル、成長因子などの有効成分を毛髪サイクルに合わせて頭皮に注入し、さらに内服療法を併用して薄毛治療の効果を上げていきます。内側と外側から頭皮の状態を改善することで薄毛の治療を行ウことができるのが特徴です。頭皮に有効成分を注入する方法には下記のものがあります。

パピュール法

最もポピュラーな注入法のパピュール法は、注射で有効成分を頭皮の表皮と真皮の間に注射する方法です。最も即効性が高く、確実な効果が望めます。以前はかなり痛みもあったようですが、麻酔の使用や薬剤の改良により、相当軽減されています。しかし、無痛というところまではいきません。

ナパージュ法

パピュール法よりも表皮に近い部分に浅く注射するのがナパージュ法です。痛みはほとんどありませんが、注射する箇所が浅いために効果が出るのに時間がかかります。しかし、有効成分の持続性が高いというメリットもあります。

電気穿孔法(エレクトロポレーション)

電気穿孔法は、細胞膜に短いパルス電流をあてて一時的に細胞膜に穴を開け、そこに薬剤を浸透させる方法です。細胞にあいた穴は一定時間が経過すると元通りに閉じるので、細胞内に有効成分を閉じ込めることができます。効果が表れるまでに時間がかかりますが、注射器を使う方法よりも料金が安く、痛みもない点がメリットです。

フラクショナルレーザー法

フラクショナルレーザー法は、特殊なレーザーで頭皮に小さな穴を空けて有効成分を真皮に浸透させる方法です。レーザーによる熱エネルギーが細胞の自然治癒力を促して皮膚の入れ替えを行うことができます。痛みはほとんど無く頭皮を電流がじりじりと刺激している感覚の方法です。パピュール法よりも治療回数が多くなる場合もあります。

ダーマローラー法

極細の針が付いたローラーを頭皮の上で転がして穴を開け、薬剤を浸透させるのがダーマローラー法です。多少痛みはありますが、広い範囲に施術を行うことができます。

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください