育毛メソセラピーやHARG療法は、頭皮に注射をしたり極細の針が付いたローラーで穴を空けたり、レーザーで細胞に穴を開けたりして浸透性を良くしますが、少し怖い気もしませんか。本当に副作用や危険性はないのでしょうか。

新しい治療法なので症例が少ない

副作用安全性育毛メソセラピーやHARG療法には今のところ副作用の報告はありません。また、HARG療法はアレルギー起因物質を含んでいないのでアレルギーの心配もないと言われています。また、体内に薬剤を入れる内服薬と比べると、頭皮だけに有効成分を注入するこれらの治療法は副作用の恐れが少ないとも言われています。しかし、これらの療法はまだ症例が少なく、絶対に安心だとは言い切れないところがあります。これからもっと多くの方がこの療法を受けるようになった時に本当に安全かどうかが分かるでしょう。

感染症の懸念も実例はなし

また、安全性としては感染症の懸念があります。以前にも注射針の回し打ちが原因でHIVウィルスに感染したという事故がありましたが、注射針を使う場合にはクリニックの衛生管理や不注意による感染症の危険性があります。さらに、HARG療法で使用する細胞成長因子は、どんな細胞にも変化可能な幹細胞を取り出して使用するため、感染症のリスクがあるという指摘をする人もいます。ただ、HARG療法を採用しているアメリカや韓国をはじめとする諸外国でも副作用の報告はありませんし、日本でも5,000件以上の臨床実験で感染症などの報告は一切ありません。

今後に注目の治療法

育毛メソセラピーは新しい薄毛の治療法なので、まだデータが少なく今後どういった症例が出てくるか分かりません。新しいものを導入する際には、臆病なぐらい慎重を期する必要があるのも事実です。しかし、育毛メソセラピーやHARG療法は理論上は安全性が高く、効果も上がりそうな治療法なので今後に注目していきたいところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください