新しい薄毛の治療法として、育毛メソセラピーというものがあります。あまり耳になじみのない治療法かもしれませんが、どういった治療法なのでしょうか。

自分の髪を復活させる

育毛メソセラピーとは育毛メソセラピーは、かつらや植毛には抵抗があり、自分の毛髪を生やす方向で考えたいという人のための薄毛治療法で、毛根が生きていれば、その毛根を復活させて太く丈夫な自前の髪の毛を生やすことができると言われています。

育毛メソセラピーとは、注射器を使って頭皮に直接ミノキシジルやフィナステリド、VEGFやIGF-1などの薄毛治療に有効な成分を注入し、発毛効果を高めるものです。通常は内服薬と併用されます。薄毛治療の一つに内服療法がありますが、この方法では服用した薬は全身を回ってから頭皮に到達するため、毛根に働きかける薬の量はかなり少なくなってしまいます。しかし、服用量を増やすと体全体に副作用が起こる危険性があるので、頭皮に直接注射をしてそのデメリットを補おうというのが育毛メソセラピーです。針を使わない育毛メソセラピーも登場していて、これからどのように進化していくのか楽しみな治療法です。

育毛メソセラピーに使われる有効成分

育毛メソセラピーに使われる有効成分には様々なものがあります。それぞれの効用を説明します。

フィナステリド

薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの働きを抑える効果があります。胎児に影響が出る可能性があるため女性には使用しません

ミノキシジル

細胞のエネルギー代謝に関与するアデノシンを産生することでVEGF産生を進めて毛乳頭細胞に働きかけ、毛髪を太くする効果があります。

成長因子複合体

成長因子複合体には育毛を促進する働きがあります。成長因子複合体には毛包に働きかけて健康な髪を作るIGF-1(インスリン様成長因子)、新生血管を作り出して毛包に栄養を運びやすくするVEGF(血管内皮成長因子)、頭皮の血流を促進するBFGF(繊維芽細胞成長因子)の三つが含まれます。

コエンザイムQ10

体内で自然に作られるたんぱく質のコエンザイムQ10には細胞を再生させるために必要なエネルギーを作り出す働きがあります。また、頭皮の血行促進や毛髪の育成・再生にも寄与します。

銅ペプチド

銅ペプチドにはフィナステリドと同様にジヒドロテストステロンの働きを抑える効果があります。フィナステリドと違って女性に使用することも可能なので、FAGA(女性の男性型脱毛症)にも有効です。

ヒアルロン酸

水分補給作用に優れるヒアルロン酸は頭皮に潤いを与え、細胞を活性化させて育毛を促します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください