額の生え際や頭頂部が薄くなっていくAGAと違って、全体のボリュームが無くなっていくFAFA(女性型脱毛症)は治療法も違います。その流れと費用を見てみましょう。

治療の流れ

ヘアサイクルを整えるFAGAの治療はヘアサイクルを整えることが主眼となります。ヘアサイクルの乱れにより毛髪が細くなりボリュームダウンしてしまうので、それを改善し、コシのある髪の毛を作り出します。成長期、退行期、休止期を繰り返すヘアサイクルの中で成長期に十分毛包が成長しきれないために髪の毛が細くなって、抜けやすくなるのです。

治療の流れとしては、まずカウンセリングで薄毛の状態を見極めます。薄毛と言っても原因は様々なので、それに合わせた治療をする必要があるからです。そこで治療の内容や注意点、費用等の説明と悩み相談を行います。その後、頭部の写真を撮影し、医師による診察、血液検査等が始まります。およそ一週間ほどして血液検査の結果が出てから再びクリニックに行き、治療薬を処方してもらいます。その後、およそ一か月毎に診察を受け、経過を観察し、治療を続けます。

治療方法の種類

FAGAの治療法として、まず頭皮へのミノキシジル溶液などの塗布があります。患部を中心に塗布することで発毛効果を得ます。

また、ミノキシジルを医薬品として内服することもあります。ミノキシジルはもともと血管拡張剤として利用されていたものですが、その副作用として発毛効果が発見されたものです。ですから、低血圧の方などにはあまり向いていません。また、男性にはよく用いられるプロペシアは女性には副作用があるため一般的には使用されません。

女性ホルモンは髪の毛の成長に影響を与えますが、ホルモンバランスが崩れることで薄毛を引き起こすこともあります。そのため、ホルモン療法を行っている病院もあります。

その他、液体窒素を利用して毛根を攻撃するリンパ球の働きを鈍らせる方法や、合成化学物質を用いた円形脱毛治療、機材を利用したメディカルヘアケアなどを行うところもあります。栄養バランスを整えるために治療補助としてビタミンやミネラル、アミノ酸などのサプリメントを処方されることもあります。

治療にかかる費用

自由診療になるFAGA治療はクリニックによって費用は様々ですが、初診が3千円~1万円、血液検査などが1回につき5千円から1万円、内服薬や外用薬が一か月に5千円~3万円程度、サプリメントが一か月5千円程度、メディカルヘアケアは5万円~といったところでしょうか。もちろん治療薬や治療法によっても値段は異なってきますので、カウンセリングの際に確認しておくとよいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください