AGAの治療にはさまざまな薬が使われます。それぞれどのような効果があるのか、副作用の心配はないのかを見ていきましょう。

フィナステリド

効果

フィナステリドという薬はプロペシアという商品名で発売されている薬です。その効果は5αリダクターゼを抑制することでAGAの原因であるDHTの生成を阻害することです。薄毛の進行を食い止める働きがあります。

副作用

aga治療副作用フィナステリドの副作用として、性欲減退や胃部不快感といった症状があります。また、肝機能障害を起こす可能性があるという発表もあります。他に服用を中止した後に起こるポストフィナステリド症候群という性機能への影響や倦怠感、思考速度の低下がみられることもあります。妊婦が服用、あるいは触れるだけでも胎児の生殖機能に影響を与えることがあります。

デュタステリド

効果

薄毛の原因となるDHTを生成する5αリダクターゼには1型と2型があるのですが、その両方に効果があります。フィナステリドは2型だけに効果があり、デュタステリドを使用するとフィナステリドの1.5倍の薄毛改善効果が見られたという研究報告があります。しかし、デュタステリドはAGA治療薬としては認可されていません。

副作用

人によって乳房のふくらみ、乳首の痛み、性欲減退といった副作用が現れます。フィナステリドよりも副作用が強いとも言われています。また、長期間服用すると耐性がついてしまい、より多く摂取しないと効果が現れなくなる場合もあります。摂取を止めるとさらに薄毛がひどくなる可能性があるとも言われています。

ミノキシジル

効果

ミノキシジルはリアップの成分として知られています。毛母細胞を活性化させて発毛を促す効果があります。フィナステリドと併用することで効果がさらに高まります。

副作用

頭皮のかゆみやニキビ、性欲減退、不整脈、体のしびれや痛みが起こることがあります。また、因果関係は不明ながら循環器系の重篤な副作用が起こったという報告もあります。ただ、これらの副作用が起こる確率は全利用者の10%以下で、ミノキシジルが原因であるという確証があるわけでもありません。

フロジン液

効果

血管を拡張して血流を良くする効果があり、円形脱毛症に効くと言われています。ただ、日本皮膚科学会のガイドラインではミノキシジルのワンランク下に位置づけられています。効果はあると認められていますが、ミノキシジルのどの効果があるとは言えないようです。

副作用

頭皮の発疹や腫れ、かゆみ、炎症、発汗やほてりといった副作用があります。また、元々胃炎などの消化器系の疾患に使用されていた薬なので、消化器系への副作用のリスクがあり、吐き気やおう吐、腹痛、下痢、胸部圧迫などの症状も報告されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください