髪のためにはバランスの良い食事をすることが大切ですが、中でも大切なものや不足しやすいものを挙げてみましょう。もちろんここに例示したものだけを食べていればいいという訳ではないことを忘れないでください。

不足しがちな栄養分

髪の生育を助ける栄養には様々なものがあり、それらが密接に結びついて毛髪を作っています。一生懸命わかめを食べるなど、一つのものだけを摂っていても髪は生えてきません。

不足しがちな栄養タンパク質

髪はケラチンというタンパク質からできています。ダイエットなどで不足していると思われる人は必ず摂るようにしてください。そうでなければ不足することはあまりありませんが、つい肉からの摂取が多くなってしまいがちなので薄毛を気にしているのなら脂肪分の少ない鶏肉や魚、大豆製品などから摂取するようにしてください。

亜鉛

摂取したタンパク質を髪に変えてくれる亜鉛も現代の食生活では不足しがちな栄養分です。あるデータでは90%の人が亜鉛が足りていないそうです。亜鉛が足りなくなると髪が細くなってボリュームがなくなったり、乾燥したりします。髪は細胞分裂のスピードが速いため、亜鉛不足の影響が顕著に出やすいのですが、きちんと亜鉛を摂取すればその効果も早く現れます。海のミルクと言われる牡蠣や小麦胚芽、肉類、魚類等に豊富に含まれています。

海藻類

一般的に髪に良い食材というとすぐに思い浮かぶのが海藻類ではないでしょうか。海藻だけを食べていても毛は生えてきませんが、髪に良い影響を与えることは確かです。これは海藻にヨードというミネラルが入っているからです。ヨードは甲状腺の働きを良くし、髪の毛の生育を助けてくれます。

食物繊維

食物繊維は腸の調子を整えて有害物質の排泄を助けます。そうすると、肌の調子が良くなります。便秘が治ると肌が綺麗になりますよね。それは同時に頭の肌である頭皮にとっても良い影響を与えるのです。また、食物繊維を摂ると血液中のコレステロールを下げる効果もあります。コレステロールが下がると皮脂の分泌量も減りますし、血流も良くなるので髪の健康に役立つのです。海藻にも食物繊維は多く含まれていますし、ごぼう、りんご、レタス、豆類なども食物繊維を摂るのに適しています。

ビタミン

血行を良くして髪や毛根に栄養を送るために必要なものが鉄分やビタミンB、Eなどです。ビタミンには老化を防止する働きやストレスを予防する効果もあります。緑黄色野菜をしっかり食べましょう。また、レバーもビタミンB群や鉄分、そして新陳代謝や血流促進に効果があるナイアシンなども含んでいるので積極的に摂りたい食品です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください