私たちの生活の中で食事は欠かすことのできない栄養補給源です。これを疎かにしては薄毛対策を行うことなど到底不可能です。髪を作るのも食事なのです。しかし、現代人はグルメブームなど美味の追及には敏感ですが、健康や栄養バランスのことについては非常に無頓着です。食事は毎日のことですから悪い習慣はそれだけ影響も大きいのです。

栄養バランスの良い食事をする

栄養バランスを考えて当たり前のことだと思うかもしれませんが、その当たり前のことができている人が少ないのが実情です。タンパク質、脂肪、ビタミンなど髪に必要なものはたくさんありますから、満遍なく摂取しなくてはいけません。具体的には「まごわやさしいこ」を食べること、カラフルな食事を心がけることです。

 髪に良い食材、成分

現代の食事の中では不足しがちな栄養分というものがあります。亜鉛などは90%の人が不足していると言われているほどです。他にもビタミン、ミネラル、タンパク質、食物繊維などが髪の健康に関係しています。ここではこれらの栄養がどのように髪に関係しているのかを説明していますから、そういった食材や成分については意識して摂取するようにしましょう。

摂りすぎると髪に良くない食材、成分

とりすぎると良くない「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言いますが、食物も摂りすぎると体に毒になります。その中でも特に髪のために摂りすぎてはいけないものが糖分、脂肪分、塩分、アルコールです。ただし、極端に摂り過ぎないと健康に悪影響を及ぼすこともあります。また、アルコールは適量ならかえってストレス発散など髪に良い影響を与えます。あくまで摂り過ぎが良くないということを理解しておいてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください