最近ではタバコを吸う場所も減ってしまって喫煙者の方は肩身の狭い思いをしておられるでしょう。副流煙などもうるさく言われるようになりました。そのうえ、タバコは薄毛の原因にもなっているのをご存知でしょうか。健康のためにも頭髪のためにもタバコは控えましょう。

 どうしてタバコを吸うと薄毛になるのか

タバコを控えるタバコを吸うと頭髪が薄くなる、という話を聞いたことがあるでしょうか。タバコを吸わない人でも薄毛の人はいるじゃないか、と反論したくなるかもしれませんが、薄毛の原因は一つではありませんからタバコを吸わなくても薄毛になることも起こり得ます。しかし、タバコが頭髪にとって悪い影響を与えるのは事実なのです。

血行が悪くなる

タバコに含まれているニコチンには自律神経を刺激して血管を収縮させる作用があります。そうすると血行が悪くなります。頭髪に必要な栄養は血液に乗って頭皮に来るのですが、タバコを吸うとその血液が頭皮の隅々まで来られない状態になってしまうので薄毛の原因になるのです。

一酸化炭素の影響

タバコの煙に含まれている一酸化炭素には、血液の中にあるヘモグロビンと強く結びつく性質があります。ヘモグロビンは本来、酸素や栄養を取り込んで全身に送り届ける役目を持っているのですが、その代わりに一酸化炭素を取り込んでしまうために酸素や栄養が体の隅々にまで行き渡らず、頭皮や髪の毛が栄養不足になってしまいます。

悪玉コレステロールの増加

喫煙すると血液中の悪玉コレステロールが増加してしまいます。私たちの体は、この悪玉コレステロールを減少させるためにタウリンという物質を作り出すのですが、そのタウリンを作るためにはメチオニンというアミノ酸を使わなくてはなりません。しかし、メチオニンは髪の生育にも欠かせない栄養素なのです。ですが、私たちの体は、生命維持のために髪の生育よりも悪玉コレステロールを減少させる方を優先させてしまうので髪の栄養が足りなくなり、薄毛が進行するのです。

ビタミン不足

タバコの成分の中でも有名なニコチンには体内のビタミンCを破壊する性質があります。ビタミンCには酸化したビタミンEの再生を助ける働きがあります。そして、ビタミンEには血行を正常に保つ働きがあり、頭皮に栄養を運ぶ助けになっています。つまり、ビタミンCが破壊されると血行を良くするビタミンEの吸収率が下がるため、薄毛になってしまうのです。

ストレス

人間の体はストレスを感じると自律神経を刺激して交感神経が優位な状態になります。そうなると血行不良になるため、薄毛の原因になります。喫煙はこのストレスを発生させるのです。禁煙でストレスを感じるのは分かるかもしれませんが、喫煙でもニコチンのビタミン破壊によってイライラ感が増し、ストレスにつながるのです。

タバコは百害あって一利なし

タバコは頭髪だけではなく、全身の血行が悪くなるため手足の冷えや肩こりといった血行障害の原因ともなり、体温を下げることによる免疫力の低下も招きます。まさに「百害あって一利なし」です。タバコを控えることは薄毛対策の大事な一歩です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください