薄毛を進行させてしまう原因の一つにストレスがあります。ストレスが健康に良くないことはよく知られていますが、薄毛にとっても悪い影響を与えてしまいます。積極的にストレスを発散させて、薄毛を改善しましょう。

ストレスは血行を悪化させる

ストレスをためない人間の体には自律神経というものがあります。これは交感神経と副交感神経の二つからなっていて、昼間などの活動的な時には交感神経が働き、休息時には副交感神経が働きます。これがバランスよく働いていると人間は健康なのですが、ストレスを感じることが長く続くと交感神経ばかりが働くことになります。交感神経が働くと血圧が上がり、血管が収縮してしまうので血行が悪くなるのです。すると内臓の働きが悪くなり、体に毒素が溜まります。その毒素を体外に排出するのに栄養が使われてしまうのです。私たちの体は生命の維持に栄養を優先的に回すので、髪の毛に栄養が回ってくるのは後回しにされてしまう傾向があります。そのため髪の毛が栄養不足になってしまうのです。血行の悪化自体も髪に良くないのですが、ストレスは栄養不足も引き起こしてしまうのです。

仕事等のストレスは簡単に解消できないかもしれませんが、薄毛を悩みすぎることもストレスの原因になってしまいます。あまり考えすぎずに適切に対処していきましょう。

ストレスの解消法

ストレスを解消するには、趣味に没頭したり、運動したりすることが効果的です。特に有酸素運動はストレス解消と共に血行も良くしますから、薄毛で悩んでいる人にとってはぜひ取り入れてもらいたいものです。しかし、分かってはいても忙しい毎日の中でこれらのことを行うのは難しいという人も多いでしょう。出来ればもうやっているよ、という声が聞こえてきそうです。そこで、もっと簡単にできるストレス解消法をご紹介しましょう。

ストレッチ

しっかりした運動は無理でも、ストレッチぐらいなら出来るのではないでしょうか。寝る前に大きく深呼吸をしながら、ゆっくりとストレッチをするだけでストレスを軽減することができます。座ったまま首や肩を回したり、前屈運動などで硬くなっている筋肉をゆっくり伸ばします。この時、反動をつけないようにしましょう。体がほぐれたら深呼吸をしながら横になって背伸びをしたり、膝を片足ずつ曲げて両手でお腹に押し付けたりしていきます。こうしているとだんだん眠くなってくるはずです。それがストレスが解消されているサインです。

お風呂でリラックス

最近はシャワーだけで終わらせる人も増えているようですが、ゆっくり湯船に浸かることでストレス解消にもなりますし、血行を改善する効果もあります。お風呂に入ったらシャンプーをしながら頭皮マッサージを行い、頭皮の血行を促進します。その後、体を洗ってから湯船に浸かって体のコリをほぐしましょう。湯船の中で肩や首のマッサージをするのも効果的です。

好きな音楽やDVDを鑑賞する

好きなことをしているとストレスを感じることもありません。少し時間が空いたら音楽やDVDでストレスを解消しましょう。受動的な趣味でも十分にストレス解消に役立ちます。ただし、映像を見る時はあまり根を詰めないようにしましょう。目が疲れてしまうと血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると薄毛改善には逆効果ですから気を付けましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください