紫外線が強い季節は薄毛の人にとっても危険な季節です。女性は肌への悪影響を気にして日傘を使ったりしていますが、薄毛に悩んでいる人も紫外線対策を疎かにしてはいけません。

紫外線は細胞を老化させる

紫外線を避ける紫外線を適度に浴びることは頭皮に刺激を与え血行を良くし、髪に栄養が行き届きやすくなるという効果があります。しかし、長時間紫外線を浴びていると頭皮の細胞が酸化してしまい、保湿ができなくなって皮膚の正常な状態を保つことができなくなってしまいます。すると頭皮の環境が悪くなり薄毛の原因となってしまいます。また、紫外線は皮膚の炎症も引き起こします。日焼けは軽いやけどのようなものなので、頭皮の皮膚細胞を破壊してしまうのです。すると、毛母細胞の働きが弱まり抜け毛の原因となります。さらに、紫外線を浴びると髪の毛を覆っているキューティクルがはがれやすくなってしまうので髪の水分や栄養分が損なわれ髪がダメージを受けやすくなります。そのため夏から秋にかけて抜け毛が増えることになってしまうのです。

紫外線を浴びてしまった場合は、夜の洗髪の際にトリートメントを髪につけ蒸しタオルで10分ほど覆っておくとよいでしょう。こうすることで傷んだ髪に栄養が行き渡り潤いを与えてくれます。

紫外線を防ぐには

紫外線は目に見えません。ですから、知らない間に紫外線を浴びて頭皮にダメージを受けてしまいます。家の中でも日焼けをする、と言われます。紫外線は薄い布ぐらいなら通り抜けてしまうのです。だから、薄いカーテンぐらいなら通過してしまうので家の中でも油断はできないのです。

また、帽子や日傘もUV対策をしていないものだと、せっかくかぶっていてもそのまま紫外線を浴びることになります。頭皮は最も紫外線を受けやすいので、しっかり対策をしないとすぐに紫外線の悪影響を受けてしまいます。薄毛の人は特に頭皮に紫外線を受けてしまいやすいので、気をつけなくてはいけません。

紫外線を防ぐには、外出時にはUVカットの帽子や日傘で頭をガードする必要があります。また、UV対策用のシャンプーやコンディショナーなどもありますから、そういったものを活用するのもいいでしょう。万遍なく頭皮を紫外線から守ることができます。

紫外線が強くなるのは5~9月で、時間帯は午前10時から午後2時ぐらいまでです。この時間帯はできるだけ外出を控えるようにするといいでしょう。また、それ以外の時期でも紫外線は降り注いでいます。天気予報などの紫外線予報も活用して紫外線対策を行ってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください