薄毛を改善するためには頭皮を清潔に保つことが必要です。そのためにはシャンプーを使うと思いますが、そのシャンプーの仕方が間違っていると頭皮にダメージを与えてしまいます。正しいシャンプーの仕方を覚えましょう。

正しいシャンプーで頭皮を清潔に

正しいシャンプーの仕方まずシャンプーの前に軽くブラッシングをします。これによって頭皮の血行も良くなり、ほこりなどの汚れを取り除くこともできます。また、髪がもつれてシャンプーのときに引っかかってしまうことも防ぐことができます。ただし、あまり強くブラッシングをすると頭皮に傷をつけてしまうので注意しましょう。

次にシャンプーを付けずに軽くお湯で頭を流します。これで髪の汚れの7割程度は落とすことができ、シャンプーの泡立ちも良くなりますから、シャンプーの使用量を減らすこともできます。この時、指の腹を使って地肌の汚れもある程度落としておきましょう。お湯の温度が熱すぎると頭皮の乾燥を招き、皮脂の過剰分泌を引き起こすことがあるので38度ぐらいの少しぬるめのお湯で洗うのがいいでしょう。

それからシャンプーを手に取ってよく泡立ててから髪の毛全体になじませ、揉むようにして洗います。シャンプーが多すぎると洗い残しをしてしまいやすいので、適量を使ってください。指の腹の部分でマッサージをするように、頭皮を洗うことを意識して洗いましょう。爪を立てて洗ってしまうと頭皮に傷を付けることになりますから絶対に行わないでください。

すすぐ時にはシャンプーが頭に残ることのないように3分以上かけて洗い流してください。シャンプーが残っているとフケやかゆみの原因となり、薄毛を進行させてしまうことにもなります。流している間に頭皮のマッサージを行うのもいいでしょう。そうすると頭皮の血行が良くなって毛穴の中の余分な皮脂なども綺麗に洗い流されます。

毛髪の健康のためにコンディショナーなどを使う人もいるでしょう。その場合は、頭皮ではなく毛髪だけにつけるように注意してください。コンディショナーも頭皮にとっては刺激になってしまいます。数分間放置した後、シャンプーと同じようにしっかり洗い流してください。

髪を濡れたまま放置しておくと髪を傷め、頭皮に雑菌が湧きやすくなるので早めに乾かしましょう。タオルで髪の根元を抑え頭皮を軽く叩いて水分を取ります。拭くというよりは水分をタオルに含ませるという意識です。その後、ドライヤーを10cm以上離して使用します。熱を与えすぎても頭皮や髪を傷めますので同じ場所に当て過ぎないようにしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください