薄毛に悩んでいる人の中には、さまざまなヘアケア製品を利用している方も多いと思います。確かに、薄毛に悩んでいるのならヘアケアをしっかり行うことは大切なことです。しかし、頭皮に合わないものを使用していると薄毛が進行してしまうこともあります。

頭皮に合わないヘアケア製品は薄毛を進行させる

合わない製品を避けるヘアケア製品にはシャンプーやリンス、育毛剤、発毛剤等があります。これらはどれを使ってもいいという訳ではありません。頭皮にも乾燥している頭皮もあれば脂っぽい頭皮もあるからです。自分の頭皮に合ったヘアケア製品を使いましょう。自分の頭皮に合わないヘアケア製品を使っていると頭皮の乾燥がひどくなってしまったり、より頭皮が脂っぽくなってしまうことがあります。すると、頭皮が荒れて薄毛がひどくなったり、かゆみや湿疹を引き起こしてしまったりするのです。
自分に合ったヘアケア製品を使うことでその効果が最大限に発揮されるようになります。何が自分の頭皮に合っているのか分からない時には、専門医の診察を受けることも必要です。

男性用と女性用のヘアケア製品の違い

最近ではヘアケア製品も様々なものが登場していて、男性用と女性用にも分かれています。それほど気にしなくても、と思うかもしれませんが、そこには大きな違いがあるのです。

まず、男性は男性ホルモンの影響で皮脂を分泌しやすくなっています。そのため、男性用の方が洗浄成分がやや強くなっています。男性用のシャンプーを女性が使うと、皮脂を取り過ぎてしまって髪のパサつきやきしみ、かゆみや炎症を起こすこともあります。また、女性は頭皮が乾燥しやすいので女性用のシャンプーには保湿成分が多く含まれています。この保湿成分が脂分を補給してしまうので、女性でも薄毛の人は使わない方がいい場合もあります。また、男性が女性用のシャンプーを使うと髪が柔らかくなりすぎてしまうこともあります。

シャンプーの成分表示は含まれている量が多い順に書いてあるので、成分を確かめてから使うようにしましょう。また、男性用と女性用のヘアケア製品の違いを把握して、自分の体質やコンディションに合ったものを使うようにしましょう。女性でも脂性肌の人なら男性用のシャンプーを使ってもいいのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください