薄毛対策に生活習慣は大きく関係しています。喫煙、ストレス等毛髪に良くない影響を与える生活習慣はたくさんあるのです。身近にできることから薄毛対策を行っていきましょう。

お酒を控える

お酒は適量を飲む分には「百薬の長」と言われるように健康に悪いものではありませんし、血流の改善、ストレスの解消、男性ホルモンの分泌を低下させるなど薄毛に良い影響を与えるという人もいますが、飲み過ぎるとジヒドロテストステロンの増加、糖質の過剰摂取などにより頭髪に悪い影響を与えてしまいます。

タバコを控える

たばこをひかえるタバコは「百害あって一利なし」とよく言われます。喫煙者の方からすれば、そんなことはないとお思いでしょうが実際に頭髪にも体にも悪影響を与えているのです。この話を聞いたら、あまりの影響の大きさに驚くでしょう。

十分な睡眠をとる

髪の成長のためには成長ホルモンが不可欠です。その成長ホルモンは睡眠時に分泌されますから睡眠不足は薄毛の原因となってしまうのです。また、成長ホルモンを十分分泌させるためには、時間の長さだけでなく寝始める時間も重要になってきます。

適度な運動

適度な運動適度な運動は直接的に髪に影響を及ぼすことは少ないかもしれませんが、新陳代謝の促進、頭皮の皮脂量の減少、ストレスの解消など薄毛を改善する効果があると考えられます。即効性はありませんが、継続することで薄毛を改善することができます。

頭皮が蒸れるのを防ぐ

帽子やヘルメットを長時間かぶっていると汗をかいて頭皮が蒸れてしまいます。この頭皮の蒸れも薄毛の原因となってしまうので注意しましょう。ただ、帽子には紫外線や外気から頭皮を守る効果もあります。正しいかぶり方をすれば薄毛予防に役立ちます。

頭皮への紫外線を避ける

紫外線は細胞を老化させたり、キューティクルにダメージを与えるなど、抜け毛の原因となってしまいます。目に見えない紫外線ですが、その影響はとても大きいものです。薄毛が気になる人はUVカットの帽子や日傘を使ってしっかりUV対策を行いましょう。

 

頭皮に合わないヘアケア製品を避ける

ヘアケア製品にもいろいろなタイプのものがあります。自分の頭皮に合わない製品はかえって頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。男性用や女性用に分かれているものもあるので、注意が必要です。

ストレスをためないストレスは健康だけでなく髪にも悪影響を与えます。ストレスが髪の毛に与える悪影響を知って、ストレスを軽減するように努力しましょう。

正しいシャンプーの仕方

薄毛の解消のためには頭皮を清潔に保つことが大切ですが、シャンプーの仕方が間違っていると頭皮に傷をつけたり髪を傷めてしまうことになります。正しいシャンプーの仕方を覚えましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください