頭皮マッサージは頭皮の健康のために有意義なものですが、どのようにマッサージをすればよいのでしょうか。自己流のマッサージでは効果が半減してしまうどころか、頭皮にダメージを与えてしまうこともあります。

頭皮マッサージと言っても、頭皮専門のヘッドスパなどで行われるような、蒸しタオルを当てて…といったような手間のかかる方法では長続きすることができませんので、自宅で簡単にできる頭皮マッサージをご紹介しましょう。

指の腹で優しくマッサージ

両方のこめかみから耳の上にかけて親指以外の4本の指を当てて、親指を耳の下あたりに置きます。ちょうど耳を包み込むような形です。そして、親指以外の4本の指の腹の部分で円を描くようにマッサージをします。しばらくマッサージをしたらそのまま指を少し上に上げてマッサージをします。頭皮の血流は下から上へ流れているので、それに沿ってマッサージをするのが効果的です。最後に頭頂部にある「百会」というツボを3秒間ほど押してください。このツボは両耳の穴から垂直に線を伸ばしたてっぺんにあります。百会は抜け毛の改善の他、便秘や痔、不眠症などにも効果があります。このマッサージを1日5分程度行うといいでしょう。やり過ぎるのも頭皮の負担になるので注意してください。また、頭皮マッサージを行う時は、手の雑菌が頭皮につかないように手をきれいに洗ってから行うようにしてください。

ヘアブラシを使うのも効果的

頭皮マッサージを行う時、爪が伸びていたりして頭皮に傷をつけてしまっては逆効果です。しかし、職業などの関係で爪を伸ばしている人もいるでしょう。そんな人はヘアブラシを使ってマッサージを行いましょう。細い櫛だと頭皮に過度に刺激を与えてしまうので、面の広いヘアブラシを使いましょう。また、プラスチックのものは硬すぎるので、毛の柔らかいヘアブラシを使うといいでしょう。その際も頭皮にダメージを与えないように優しくブラッシングをするようにしましょう。

間違ったマッサージはさらに薄毛を進行させる

頭皮マッサージのやり方頭皮のマッサージで気を付けなければいけないことは、頭皮に傷をつけるような方法をしないことです。例えば、先ほどのマッサージでも頭皮に爪を立ててしまっては頭皮を傷めてしまいます。必ず指の腹を使ってマッサージしましょう。また、よく見かける光景として、ヘアブラシで頭をトントンと叩いている場面があります。これも頭皮には負担になりますから、行ってはいけません。血行を良くするために行う頭皮マッサージですが、デリケートな毛細血管を傷つけてしまっては逆効果です。市販の頭皮をマッサージする器具を使うのもいいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください