最近では育毛サロンなどでLEDやレーザーを使った薄毛対策を取り入れているところも多く、家庭用のレーザー育毛器やLEDブラシなども発売されています。その効果はテレビでも紹介されるほどです。しかし、LEDやレーザーが本当に薄毛に効果を発揮するのでしょうか。LEDやレーザーは一体どのような効果を頭髪に及ぼしているのでしょうか。

薄毛対策に赤い光

レーザーの効果省エネ意識の高まりとともに注目を集めるようになったLEDですが、このLEDには植物の成長を促す効果があるということが研究されてきました。また、皮膚に照射することでニキビを治したり肌を健康にできることもわかり、今では皮膚科などでも利用されています。そこで、薄毛にも効果があるのではないかと研究を進めたところ、赤色LEDには薄毛を治す効果があることが分かったのです。

普通のLEDの光にはいろんな色が混ざっていて浸透性も低いので効果はありませんが、赤色LEDの光には頭皮の奥まで入り込む性質があります。毛髪の成長に関係している毛母細胞や毛乳頭は頭皮の下、2㎜~4㎜ほどのところにあります。そのため、光が髪の毛の根元まで届き、毛母細胞の働きを活発にし、細胞分裂を促し新しい毛髪が生成されるのを助けます。さらに赤色LEDは毛細血管も刺激しますので、頭皮の血流が良くなり栄養が毛髪に十分行き渡り薄毛の対策になります。その他、LEDやレーザーのマッサージ効果で頭皮の皮脂や汚れを浮かせて頭皮の環境を整え、育毛剤が浸透しやすくなるという効果もあります。LED照射には副作用もなく、皮膚を傷める心配もないのでこれからどんどん普及するかもしれません。

家庭用育毛器の効果

このようなLEDやレーザーを使った育毛治療は、病院や育毛サロンでしかできないものでしたが、最近では家庭用の育毛器が発売されています。家庭用のLEDやレーザーの育毛器はブラシ型の片手で使えるようなものが多く、1日10分前後照射するだけと、簡単に使えるので人気が高まっているようです。値段も数万円程度のものもあるので、一度買ってしまえば病院などに通い続けるよりも安く薄毛治療を行うことができます。実際に髪の毛が生えてきたという口コミもネット上では散見されます。ただ、病院や育毛サロンでも内服薬や塗り薬を併用しているように、家庭でもそのようなものと合わせて使用する方が、より効果を高めることができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください