育毛剤を使っている人は多くいますが、正しい使い方をしているでしょうか。使い方が誤っていては、せっかくの育毛剤の効果も半減してしまいます。せっかく育毛剤を使うのですから、最大限に効果を発揮するような使い方を知っておきましょう。

育毛剤の正しい使い方を知ろう

育毛剤は気が向いたときに漠然とつければいいというものではありません。最適な使い方を覚えましょう。

使用するタイミング

育毛剤の効果的な使い方育毛剤には、塗布するタイミングは髪を洗った後から就寝前が効果的と書いてありますが、髪が乾いていることが必要です。もちろん濡れたまま寝ることは細菌が繁殖しやすかったり、頭皮にダメージを与えたりするのでダメなことですが、育毛剤を使う時にも乾いていなければいけません。髪が濡れていると水の膜でガードされてしまい、育毛剤の成分が頭皮にしみ込まないからです。しかし、お風呂に入った後というのは毛穴が開いていて有効成分が浸透しやすくなっていますから、その状態で育毛剤を使用すると高い効果が期待できます。お風呂から上がってすぐに髪を乾かし、育毛剤を使いましょう。

髪の成長は22時から2時の間がピークといわれています。その時間に起きていると、髪の成長を妨げてしまいます。仕事などで遅くなる人は難しいでしょうが、薄毛で悩んでいる人はこの時間には眠っているのが理想です。そう考えると20時ぐらいにお風呂に入り、21時ごろに育毛剤を使うのが最も効果的なタイミングでしょう。

頭皮への塗布方法

育毛剤を頭皮に塗布した後は、こするのではなく揉むように頭皮になじませるようにしましょう。塗布したところの周りに指の腹を当て、頭皮を動かすように揉みます。こするということは、髪で育毛剤をふいているようなものなのです。育毛剤は、髪の毛ではなく頭皮につけるものです。その意識を持って育毛剤を塗布しましょう。また、揉む場所は、側頭部と頭頂部を重点的にもんでください。5αリダクターゼが多い部分に塗ることで育毛剤の効果を高めます。一回5分程度は揉んでください。ただ、あまり強く揉みすぎてはいけません。そんなに強く刺激しなくても、有効成分は自然と浸み込んでいきます。シャンプーをした後の頭皮はデリケートなので、強い力で揉むと傷つけてしまうこともあります。特に男性は力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

使用期間

使用期間ですが、毛髪が生え変わるヘアサイクルは3~4か月と言われています。ですから、最低でもその期間は続けてください。確実に効果を感じるためには1年は続けた方がいいでしょう。1~2か月続けて効果が無いと止めてしまう人が多いのですが、育毛剤については効果が出るまでそれぐらいの期間はかかるものだと思ってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください