育毛剤と言ってもそこには多くの種類のものがあります。髪の毛を育てるプロセスにも様々なものがあります。どういった効果で育毛を促すのかを知っておきましょう。

育毛剤にも様々なタイプがある

育毛剤の効果育毛剤の効果にはいろいろなタイプがあります。血行を促進して育毛するものや男性ホルモンの働きを抑えるもの、毛母細胞の働きを活性化するもの、頭皮に栄養を補給するものなどです。育毛剤を使う時にはこれらのどのタイプの効果がある育毛剤なのかを把握して、自分の頭髪の状態にあったものを選ばなければ意味がありません。たばこを吸う人や肩こりがひどい人などは血行が悪いと考えられますから血行促進タイプの育毛剤を、食事が偏っている人は栄養補給タイプの育毛剤を、といった具合にです。そうすることで薄毛の原因を解消して育毛ができるのです。

根気よく続けることが大切

育毛剤を使ったからといってすぐに髪が生えてくるわけではありません。毛髪には育毛サイクルがあり、薄毛に悩んでいない人でも古い毛が抜けたり、新しい髪が生えにくい期間というものがあります。育毛剤を使うことでこの毛周期を正しい状態にすることが必要なのです。しかし、毛周期を正常な状態に戻すには早くても半年程度は必要です。それなのに薄毛に悩んでいる人は結果を急ぎ過ぎて、効果が実感できないからと育毛剤の使用をすぐやめてしまう人が多いのです。少なくとも一年間は我慢して使い続けましょう。自分に合った育毛剤を使っていれば、一年もすると毛周期が正常化し、抜け毛が減って生えてくる髪にもハリやコシが出てきます。またしばらくすると停滞期が訪れますが、それは正常なことなので使い続けてください。そうするとヘアサイクルが正常化し、抜け毛も減っていきます。諦めずに使い続けることで育毛剤の効果を享受することができるのです。ただし、育毛剤を使用する時のコンディションや使用量などは指定されたとおりに使いましょう。使用法を間違っていては効果も半減してしまいます。

専門家の意見も参考に

育毛剤は使い続けることが大切ですが、自分の薄毛の原因に応じたものを使わなければ効果は期待できません。しかし、自分の薄毛の原因は素人では判断が付きにくいものです。そのため、育毛剤を購入するときには専門の医師などの意見を参考にすることも大切です。育毛剤の効果が出るまでには長い期間がかかることは前述しましたが、初めから見当違いの育毛剤を使っていては効果は望めません。結果を出すためには原因を正しくつかんでおくことが大切なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください