育毛シャンプーは手ごろな価格で続けやすい薄毛対策です。市販されている通常のシャンプーと違って適度な洗浄力で頭皮にも優しいのが育毛シャンプーの利点です。しかし、せっかく育毛シャンプーを使っていてもその使い方が間違っていては最大限の効果を発揮できません。帰って頭皮や毛髪にダメージを与えてしまうことにもなりかねないのです。正しい使い方を覚えて頭皮にダメージを与えないようにしましょう。

髪を洗う前に

育毛シャンプーの効果的な使い方まず髪を洗う前にブラッシングをしておきましょう。髪の毛同士がもつれあっているような状態では髪を洗う時に引っ張られてしまって頭皮や毛穴にダメージを与えてしまいます。スムーズに指が通るようにしておきましょう。

次に予洗いをします。と言ってもぬるま湯を頭にかけるだけです。それだけで髪の毛の汚れをかなり落とすことができます。

しっかり泡立てる

そして、育毛シャンプーを手に取って良く泡立てます。泡立てネットを使ってもいいでしょう。シャンプーを手に取ってそのまま頭に持って行っている人が多いのではないでしょうか。それでは頭の上で泡立てることになりますので指や髪の毛の摩擦で頭皮にダメージを与えてしまいます。洗う時は髪ではなく頭皮を洗うイメージで指の腹で優しく洗ってください。ただ、頭皮をきれいにするために洗う時にゴシゴシと力を入れて洗う人がいますが、頭皮の皮脂を落とし過ぎるのもいけないことを知っておいてください。皮脂を落とし過ぎると頭皮からの皮脂の分泌が激しくなって、余計に頭皮を脂っぽくしてしまうのです。髪の汚れも予洗いや頭皮を洗っているときの泡を洗い流すことで十分に落ちます。また、頭皮を傷めるので爪を立てて洗ってはいけません。育毛シャンプーはただ髪を洗うのではなく、頭皮を清潔にし、その環境を整えるものです。そのことを意識して育毛シャンプーを使うようにしましょう。

洗った後も大切

それからしっかりと洗い流します。シャンプーが頭に残ったままだとその成分が頭皮に詰まって抜け毛の原因になってしまいます。特に髪の生え際などはシャンプーが残りやすいのでたっぷりのお湯で念入りに洗い流してください。洗い残しがあるとMハゲやUハゲになりやすくなります。本当は理容室などでやってくれる、顔が天井を向いている状態ですすぐバックシャンプーというやり方が理想的なのですが、家庭では体勢がつらいかもしれません。しかし、この方法なら生え際にシャンプーが残りにくいので、もしも可能ならやってみてください。

リンスやトリートメントを使っている人もいるかもしれませんが、多くの育毛シャンプーには髪を守ってくれる成分が入っていますので基本的には使わなくても大丈夫です。リンスやトリートメントが頭皮に膜を作ってしまうので育毛剤を使っている場合、その効果が弱くなってしまうこともあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください