最近、テレビのコマーシャルなどでも育毛シャンプーを扱うことが多くなってきています。薄毛や抜け毛に悩む人が増えていることが大きな原因ですが、今までのシャンプーとは違うということもよく言われています。育毛シャンプーにはどのような効果があるのでしょうか。

育毛シャンプーの三つの効果

育毛シャンプーの効果育毛シャンプーの効果で大切なことは頭皮の環境を整えてくれることです。コマーシャルなどでも「頭皮に優しい」ということが言われています。頭皮の環境にとって良くないことは、汚れと乾燥です。しかし、汚れがいけないからと言って洗浄力が高ければいいというものではありません。

適度に汚れを落とす

育毛シャンプーは優しく汚れを落としてくれます。そこが頭皮に優しい、ということなのです。育毛シャンプーには汚れを落とす洗浄成分としてアミノ酸が使われています。アミノ酸は毛髪や人体に必要なたんぱく質を作る成分なので優しく汚れを落としてくれます。洗浄力が強すぎると汚れとともに必要な皮脂まで落としてしまいます。すると、頭皮は不足した皮脂を補うために過剰に皮脂を分泌してしまうので頭皮が脂っぽくなってしまうのです。すると過剰な脂分が毛穴に詰まり、抜け毛の原因となってしまいます。

保湿効果

また、ほとんどの育毛シャンプーには保湿効果があります。頭皮が乾燥するとフケやかゆみの原因となります。せっかくきれいに頭を洗ってもフケが出てはまた汚れてしまいます。ですから頭皮を保湿する必要があるのです。フケやかゆみは症状が軽ければつい軽視してしまいがちですが、頭皮に異常が生じているサインでもあります。しっかり保湿して頭皮を健康な状態に導きましょう。また、保湿成分が入っていてもその他に化学物質を使った頭皮に刺激の強いシャンプーを使ったのでは意味がありません。シャンプーを選ぶ際には成分をしっかり確認しましょう。天然原料を使ったアミノ酸系のものがおすすめです。

育毛シャンプーに含まれている保湿成分には、アロエ抽出液やオトギリソウエキス、海藻エキス、ヒアルロン酸、米ぬかエキス、植物オイルなどがあります。

 

血行を良くする効果

さらに、多くの育毛シャンプーには血行を良くする効果があります。薄毛対策に血行の改善は欠かせません。特に冷え性の方は血行が良くないので、薄毛になる可能性が高いのです。タバコを吸う人も要注意です。血行が良くなると頭皮に酸素や栄養が十分に行き渡るようになりますから、健康な毛髪が生えてくるようになります。

血行を良くする成分にはセンブリエキス、サンザシエキス、ビタミンE誘導体、ローヤルゼリーエキス、酢酸トコフェノール、オランダガラシエキスなどがあります。他にも血行を良くする成分はたくさんありますから、調べてみるのもいいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください