育毛サプリは、育毛剤や育毛シャンプーに比べるとそれほど多くはないように思います。育毛剤や育毛シャンプーとセットになっているものは見かけますが、やはりプロペシアやミノキシジルに比べると即効性が期待できないからでしょうか。しかし、育毛サプリにもさまざまな働きがあります。それらの働きを無駄にしないためにも効果的な使い方を知っておきましょう。

短期間であきらめない

育毛サプリの効果的な使い方育毛サプリは直接髪に使う育毛シャンプーや育毛剤よりも即効性には欠けます。しかし、いくら頭皮の環境を改善しようとも体質が改善されていなければ大きな効果は期待できません。そのために育毛サプリを飲むのだということを理解しておいてください。育毛サプリだけで劇的に髪が生えてくるということはあまり期待できません。あくまで生えやすい体質にするものだということです。ですから、飲むのなら長期間飲まなければ意味がありません。最低でも3~4か月は飲み続けてください。短期間でやめては何の意味もありません。ずっと飲み続けることで体質が改善されていくでしょう。もちろん、普段の生活習慣も改善していかなければ、効果が相殺されてしまいますから、たばこや暴飲暴食などは控えるようにしましょう。

育毛剤などとセットで使う

育毛剤だけで効果を期待しても、かなりの時間が必要になります。抜け毛予防や頭皮の血行を改善するために飲むのであれば構いませんが、早く薄毛をどうにかしたいのであれば育毛剤や育毛シャンプーなどの外側からのアプローチも併用することをおすすめします。そういった外側からのアプローチの効果を高めるためには、体の内側からも毛が生える状態を作ってあげることが必要です。こういった使い方をすれば、育毛サプリの効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

用法・用量を守って飲もう

育毛サプリは処方箋がなくても買えるものですから、副作用の心配はあまりありません。しかし、決められた用法・用量は守って飲みましょう。過剰に摂取すると体に害を与える可能性もあります。例えば、多くの育毛サプリに使われている亜鉛は大量に摂取すると貧血や下痢、免疫障害などの急性中毒症状を起こすことがあります。また、男性ホルモンの働きを抑える効果があるイソフラボンも育毛サプリに良く使われる成分ですが、これも過剰摂取すると精力減退などの副作用が起こることがあります。さらに、血行促進効果があるカプサイシンも摂り過ぎると胃痛など消化器系に負担をかけてしまうことがあるので注意が必要です。自分で判断して用法・用量を変えるようなことはおすすめできません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください