育毛サプリは、体の中から改善して薄毛を治そうというものです。体質を改善していくものなのであまり即効性はありませんが、育毛シャンプーや育毛剤と併用することでより薄毛への効果を強力にすることができます。育毛サプリにはどのような効果があるのでしょうか。

育毛サプリの効果

育毛サプリ育毛サプリメントの効果は、基本的には育毛剤と変わりません。直接頭皮に振りかけるか、体内から作用させるかの違いです。育毛サプリの効果は基本的には以下の3つで、サプリによってどの効果があるかは異なります。もちろん、体内に服用してこのような作用を及ぼす成分は、直接頭に付けることで作用する成分とは異なりますから、それぞれを併用することでより育毛の効果を高めることができます。

毛髪を作り出す栄養補給タイプ

最もオーソドックスな育毛サプリがこのタイプです。髪の毛を健康に成長させるには、タンパク質、ビタミン、亜鉛といった栄養素が必要です。しかし、忙しい現代人が普段の食事からこれらの栄養を満遍なく摂ることは簡単なことではありません。外食やコンビニ弁当の食事が多い人は言うまでもありませんが、自炊をしていても栄養バランスを整えるのは難しいのです。そこでこのタイプの育毛サプリを摂取して、毛髪に必要な栄養をしっかり補給し、育毛につなげましょう。このタイプのサプリは、体に必要な栄養を摂取するだけなので副作用が起こる心配がほとんどないため、サプリ初心者にもおすすめです。

抜け毛を減らす脱毛抑制タイプ

薄毛に悩む人の多くはAGA(男性型脱毛症)だと言われています。AGAはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛の原因となる物質に変化することで起こります。脱毛抑制タイプの育毛サプリは、5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTの生成を阻害し、抜け毛を減らします。

髪を生やす発毛促進タイプ

このタイプの育毛サプリは毛乳頭や毛母細胞を刺激して発毛を直接促進する働きがあります。ハゲが進行している頭皮の毛根は、発毛の指令機関の毛乳頭や、毛髪を製造する毛母細胞の活動が衰えている場合があります。そんな場合は栄養や酸素が十分足りていても、毛根から正常に発毛することができません。そのような毛根をこのサプリに含まれている薬効成分が刺激し、発毛を促進します。

その他の育毛サプリの効果として、栄養をスムーズに頭皮に運ぶために血流を良くする効果や、体内に発生する活性酸素を減らす効果がある育毛サプリもあります。活性酸素はストレスや喫煙といった薄毛の原因となる要素が素になって体内に発生するので、これを減らすことで薄毛の原因を減らすことができると考えられています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください