Mハゲとは、頭の前方、左右の剃り込みの部分から禿げていくハゲ方です。前から見るとアルファベットのMの形に見えることからMハゲと言われます。次第に剃り込み部分のハゲが深くなっていって頭頂部とつながってしまいます。男性に多いハゲ方です。白人に多く見られるハゲ方ですが、日本人にもMハゲに悩む方はたくさんいます。

Mハゲの原因

MはげMハゲの多くはAGAを原因として起こります。剃り込み部分が剥げてくる理由は、その部分に5αリダクターゼという酵素が多いからです。5αリダクターゼは男性ホルモンと結びついて薄毛や抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンを作り出します。5αリダクターゼは頭頂部や生え際にも多く存在しているので、Mハゲが進行している場合はOハゲやUハゲになる可能性もあるということです。

AGA以外にもMハゲになる原因はあります。例えば最近男性でもポニーテールの髪形にする人が増えていますし、リーゼントやオールバックにしている人もいます。このような髪型を継続して行っていると髪が引っ張られて毛根を傷つけ、牽引型脱毛症になりMハゲとなります。

その他、髪の生え際部分は洗髪の際にシャンプーやリンスのすすぎ残しが多い部分でもあります。この残ったシャンプーやリンスが毛穴に詰まってMハゲを引き起こすということも考えられます。また、目の疲れなどからくる肩こりによって血行が悪くなることや、喫煙などの生活習慣によってもMハゲが引き起こされることがあります。

さらに、ストレスもMハゲの原因となります。ストレスを感じると頭皮が硬化し、血行不良を起こすため毛髪に酸素や栄養が行き渡らなくなるためMハゲを引き起こします。睡眠不足も毛髪に悪影響を与えますし、毎日の食事で油分の多いものを摂取していると、頭皮から皮脂が過剰に分泌されて雑菌が増えやすくなり毛髪が抜けやすくなってしまいます。

Mハゲの対策

Mハゲの対策として、5αリダクターゼの働きを阻害する育毛剤を使用することも効果的です。一度試してみるとよいでしょう。男性型脱毛症に効果が高いと言われているミノキシジルは、Mハゲにはあまり効果がないと言う通説もありますが、これは人それぞれ効果が違うので、一概には言い切れません。

生活習慣を改善して頭皮の血行を良くすることもMハゲ改善に役立ちます。禁煙や睡眠不足の解消、バランスの良い食事などを心がけましょう。目の疲れを感じる人は目を疲れさせないようにパソコンを使う時は1時間当たり10分程度の休憩を入れるようにしましょう。目に優しい光しか通さないフィルターなどを使用し、画面から50cm以上離れて良い姿勢で作業をするようにしましょう。ブルーベリーやビタミンAなどのサプリメントを利用するのもおすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください