脂漏性脱毛症とは、皮脂が過剰に分泌されたり頭皮の洗浄を怠ったりすることで皮脂が蓄積され、毛穴の出口を塞いでしまうことによって起こります。毛穴が塞がれてしまうと内部の皮脂が外に出られなくなり毛乳頭が脂まみれになってしまいます。そうすると髪に必要な栄養が脂に邪魔されて毛母細胞まで届かず、髪を固着させる力が弱まり髪が抜けてしまうのです。シャンプーやリンスに含まれる添加物が脂と同じような働きをして起こることもあります。また、塞がれた毛穴の周辺で皮脂をエサとする頭皮の常在菌が異常繁殖して頭皮が炎症を起こし、髪が抜け落ちることも原因の一つです。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性このような脂漏性脱毛症は体質が原因の場合もありますが、ヘアケアの怠慢、偏った食生活、ストレス、ホルモンのバランス異常などが原因の場合もあります。また、思春期で発症することも多く、精神的に不安定であることが原因の一つであると考える人もいます。多くの場合、これらの要因が重なり合うことで髪にダメージを与え脂漏性脱毛症となります。このタイプの脱毛症の方は、頭皮が見た目でもわかるほど脂ぎっていることが多く、赤く炎症を起こしている場合もあります。常に頭皮や髪が脂でべたべたしているような人は一度医師に診てもらった方がいいでしょう。ただ、本当の脂漏性脱毛症になる人は極めてまれです。他の脱毛症の場合でも皮脂を取り除くことが治療に効果的なので、育毛サロンなどでは脂漏性脱毛症と診断することもあるのですが、肉眼で見えるほどに皮脂が毛穴を塞ぐことはそうそうあるものではありません。本当の脂漏性脱毛症の場合、脂漏性皮膚炎になることも多く毛穴が化膿して激しい痛みやかゆみが起こります。そうなった場合は皮膚科の診断を受けましょう。

脂漏性脱毛症の対策

脂漏性脱毛症の場合、まず食生活を改善する必要がある場合がほとんどです。脂肪分の多い肉類やナッツ類、特にスナック菓子などは避けるようにしましょう。脂肪の代謝を高めるビタミンB群を多く含むほうれん草や魚介類、大豆製品や食物繊維の豊富ないも類、海藻類、きのこ類などを積極的に摂るようにしましょう。タバコやアルコール、コーヒー、刺激物などは避けた方がいいでしょう。

ストレスを取り除くためにも適度な運動、熱中できる趣味などのリフレッシュできる状況を生活に取り入れることも効果があります。

もちろん、頭皮を清潔に保つことも必要です。刺激の強すぎないシャンプーで過剰な頭皮の皮脂を取り除き、シャンプーが頭皮に残らないようにしっかりすすぎを行ってください。石油系シャンプー(高級アルコール系シャンプーと呼ばれることもあります)の使用は避けた方がいいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください