人間は60歳を越えるころから様々な老化現象がみられるようになります。関節痛や筋肉の衰え、骨密度の低下、新陳代謝の低下など、これらは誰にでも起こり得る自然の摂理です。もちろん体毛や頭髪が薄くなってくることも老化現象に含まれます。これは性別にも関係なく誰にでも起こることです。進行には個人差がありますが、頭部全体の髪が抜け、薄くなっていくのが特徴です。

白髪を抜いてはいけない

老人性脱毛症は加齢により新しい細胞を作る力が衰えることで起こります。特徴としては男性型脱毛症のように前頭部や頭頂部を中心に薄くなっていくのではなく、全体的に毛が薄くなっていくように進行していきます。そのため、側頭部や後頭部の下の毛髪も薄くなっていき、髪自体のハリや腰も低下していきます。

また、色素細胞の一つであるメラニン細胞を作る力も衰えるため年齢を重ねると白髪も増えてきます。この白髪を無理に抜いてしまうと毛乳頭が傷んでしまうのでより薄毛を進行させてしまいます。通常、一つの毛穴からは2~3本の毛が生えていますが、白髪を抜くことで他の毛にも悪影響を与えてしまうのです。

進行は食い止められる

老人性老化が原因の老人性脱毛症はAGAよりも進行を食い止めるのが難しいと言われています。さらに、還暦を過ぎた自分が薄毛になるのは年相応のことなので仕方がないと諦めてしまい、そのまま放置してしまう人も多いものです。そのため、より一層進行を抑えることができないと思われがちです。しかし毛乳頭の活性化や適度なマッサージなど適切なヘアケアを行うことで進行を食い止めることは可能です。不規則な生活習慣や喫煙、偏食などは老人性脱毛症を進行させてしまうので、身に覚えのある方は改善しましょう。ただ、老人性脱毛症の場合は薬に頼り過ぎることはおすすめできません。年齢を重ねた方は肝臓が弱ってきていることが多いからです。特にミノキシギルは負担が大きいので、使用することは止めた方がいいでしょう。薬を使用するとしても、65歳までで止めるようにし、プロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド剤を使用するようにしましょう。

毛包細胞は年を取ると委縮することはありますが、消滅してしまうことはありません。ですから、いくつになっても発毛をあきらめる必要はないのです。老人性脱毛症の対策はバランスのとれた食事や規則正しい生活、適度な運動など健康に役立つことと重なるものが多いので、とりあえずは健康を手に入れることを目標に頑張ってみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください