牽引性脱毛症は、髪の毛を引っ張ることにより起こる脱毛症です。ポニーテールやお団子ヘア、ドレッドなどの髪型をずっと続けていると、引っ張られていた髪の生え際や分け目の部分の毛が細くなったり抜けやすくなり、頭皮が透けて見えるようになってしまいます。髪の長い女性に多く見られますが、最近では男性でもロングヘアでポニーテールという髪型にする人もいるので、この牽引性脱毛症になる人もいます。また、意外なところでは毎日のブラッシングが原因になる場合もあります。頭皮が見えてきたり分け目がはっきり細長く見えるようになったら注意が必要です。

ブラッシングも原因になる

牽引性同じ部分を毎日きつく引っ張るような髪型をしていると、その部分に過度な負担がかかってしまい、頭皮も傷んでしまいます。しかし、仕事の関係上髪を下ろすことができない人もいるでしょう。そのような場合は分け目を変えてみたり、少しでも引っ張る力を弱くしてまとめてみるなどの工夫をしてみましょう。そんな髪型をしていないのに牽引性脱毛症になる人もいます。そんな人は毎日のブラッシングの時にぐいぐい引っ張るようなブラッシングをしているのかもしれません。このようなことも毎日になると頭皮に負担をかけてしまいますから、ブラッシングの方法を改めましょう。過度なブラッシングはいけませんが、だからと言ってブラッシング自体を恐れることはありません。適度なブラッシングは皮脂を髪全体に伸ばして髪を外気から守りコシを与えることにもなります。引っ張り過ぎることが問題なのです。

牽引性脱毛症の対策

牽引性脱毛症は髪の毛が引っ張られて起こるものです。ですから、その対策は髪の毛を引っ張らないことです。すぐに治るということはありませんが、頭皮へのダメージを減らすことで徐々にこの症状は改善されていきます。頭皮のダメージをやわらげるために頭皮マッサージを行うことも効果的です。牽引性脱毛症は後発的要因であり、遺伝などは関係ありませんから適切な処置を講じればいくらでも改善することが可能です。

牽引性脱毛症はあくまで髪を引っ張っていることが原因です。くれぐれも髪が抜けることを気にし過ぎて育毛剤などを使用することのないようにしてください。育毛剤の刺激によってかえって頭皮や髪を傷めてしまうことにもなりかねません。育毛剤は薄毛対策として効果のあるものですが、原因をきちんと把握して使わないと逆効果になってしまいます。自分の脱毛症の原因は何なのか把握することが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください