女性特有の薄毛として、分娩後脱毛症というものがあります。出産を終えた女性の髪が薄くなるものです。出産後2~3か月に起こることが多く、一度に大量の髪が抜けることもあるため、不安に陥る方が多いようです。しかし、このタイプの脱毛症は比較的多くの方が体験することなので、過度に気にする必要はありません。

分娩後脱毛症の原因

分娩後妊娠中は女性ホルモンが活発に働き、毛周期も変化します。妊娠中は母体はおなかの赤ちゃんに栄養を取られてしまうのですが、エストロゲンという女性ホルモンが髪に栄養を与え成長期を維持します。しかし、出産を終えると一度に髪が休止期になってしまうため脱毛症状が出るのです。このような理由で起こる脱毛症ですので、たいてい6か月~1年程度で自然に治ることが多いようです。しかし、高齢出産などで体力の回復に時間がかかると完治しないこともあります。また、産後のストレスなどを抱えていると抜け毛が止まらず、円形脱毛症まで発症してしまうこともあるので注意が必要です。

出産後はいろいろと不安なことが多いので、必要以上にきにするあまり医師に相談したり治療をお願いしたりしがちですが、分娩後脱毛症の回復スピードには個人差がありますので、深く悩まずに回復することを前提に考えた方がいいでしょう。あまりにも気になるようなら医師に相談してみてください。

ステロイドに頼らない

皮膚病などの治療に使われることの多いステロイドですが、重度の円形脱毛症の人にステロイドを局所注射することによって発毛させるという治療法もあります。劇的に発毛することもありますが、これは注射した部分にだけ発毛が見られるので、広範囲の脱毛の治療には適していません。また、副作用の心配も大きいうえ、ステロイドで抑制した症状は十中八九リバウンドを起こすとも言われています。ステロイドでの治療は脱毛の原因を根本治療するものではありませんし、ステロイドを長期間使用すると発毛が困難になるケースも多く見られます。安易にステロイドに手を出すことのないようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください