びまん性脱毛症は中高年の女性に多く見られる脱毛症ですが男性にも発症することがあります。毛周期という髪の毛のサイクルの休止期が長くなり成長期が短くなることで全体的に髪の毛が薄くなります。生え際の後退はほとんど見られないので脱毛部の境界ははっきりしません。びまん性脱毛症の進行はゆっくり全体的に進むことが多いのでなかなか自覚することができず、気づいた時にはかなり進行していた、ということが少なくないので注意が必要です。

びまん性脱毛症の原因

びまん性このタイプの脱毛症には、多くの原因が考えられます。早めに気づいてケアをしていきましょう。

老化

最も多くみられるのは老化によるものです。年齢を重ねると女性ホルモンが徐々に減少していきます。閉経を迎えるころには急激にホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが相対的に多くなります。男性ホルモンはAGAの原因となるものですから、脱毛を起こしやすくなるのです。また、細胞自体の老化によって毛包が破壊されることもびまん性脱毛症の原因の一つです。これを原因とする脱毛は主に60代以降の女性に見られます。

ストレス

また、ストレスによって急激に薄毛が進行してしまうこともあります。ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが優位に立つことがあり、そのために脱毛が起こります。また、ストレスを受けると脳からノルアドレナリンという物質が分泌され、それが毛細血管を緊縮させ頭皮や毛根への血流が悪化し、髪の生成に必要な栄養が毛根に行き渡らなくなることも脱毛の原因になります。

ダイエット

若い女性の薄毛に多いのが、急激なダイエットによるものです。行き過ぎたダイエットは体全体を栄養不足にします。そうなった場合、私たちの体は生命維持に関わる部分に優先的に栄養を送りますから、生命にそれほど関わりのない髪に栄養を送るのは後回しになってしまうため、髪を作る栄養が足りなくなって薄毛になってしまうのです。

過度のヘアケア

髪に良かれと思ってヘアケアをやり過ぎることもびまん性脱毛症の原因になってしまいます。界面活性剤などが使われた洗浄力の強すぎるシャンプーで1日に何度も髪を洗うと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮にダメージを与えてしまいます。すすぎをきちんとせずに頭皮にシャンプーが残った状態でいることも頭皮には良くありませんから、シャンプーの後は十分にすすぐようにしましょう。

その他、経口避妊薬(ピル)を一定期間服用し、それから中止すると一時的にびまん性脱毛が起こることがあります。服用時は女性ホルモンが増加するため脱毛は減りますが、服用をやめるとホルモンバランスが変化するからです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください