抜毛症というのは、トリコチロマニアとも呼ばれ、他の脱毛とは違い自分で自分の髪の毛を抜いてしまうという、いわば癖のようなものです。しかし、頭皮の一部の毛がすっかりなくなってしまうほどに抜いてしまうなど、ただの癖というには行為がエスカレートし過ぎてしまうこともあります。こういった行為は何らかの不安を感じた時などに行うことが多いようで、毛を抜くと不安がなくなりスッキリして気持ちが楽になります。頭皮や毛髪には何の問題もないので、精神的な治療が中心となります。

抜毛症は心の病

抜毛症この抜毛症、意外に多い病気で発症率は0.6%~3.4%もあるそうです。その他の特徴は、第一子に多いこと、女性が9割を占めていること、以前は幼児や小学生に多かった症状でしたが最近では20代などの成人女性にも多く発症していて一過性の病気とは言えなくなってきています。原因としては慢性的なストレスにさらされていたり、欲求不満の状態が長く続いて居たりする場合に起こる衝動制御傷害や依存症とされています。他にも身近な人の死が引き金となって発症する場合もあります。爪を噛んだり指をしゃぶったり、チックと呼ばれる同じ行動を何度も突然繰り返すという癖を同時に持っていることも多いようです。また、頭髪だけでなく、眉毛やまつ毛を引き抜いていることもあります。抜毛症は強迫神経症にも似ていて、髪の毛を抜いてしまう自分を恥ずかしく思い嫌悪感を抱いていたり、髪を抜くという行為の不合理性にも気づいていることが多いようです。しかし、不安感が強くなるとまた毛を抜いてしまいます。さらに抜いた髪の毛を食べてしまうこともあり、胃腸にも障害が出てしまうこともあります。

抜毛症の治療

抜毛症は自分で気づいていることが多いのですが、中には自分が毛を抜いていることを自覚していない場合もあります。特に子供の場合は自分では抜いていないと言うこともあり、親が原因を把握しにくいことも多いのです。子供の状態をよく観察する必要があるでしょう。この症状には心理療法を使って治療を行います。症状が軽い場合は自覚するだけで止まることもあるのですが、そうでないときは精神的な障害が解消するまで治らなかったり、原因が解消された後も癖として残ってしまうこともあります。その場合は長期的な対処が必要となってきます。いずれにしても精神科の専門治療が必要になる病気です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください