薄毛の原因として、頭皮の状況が悪いということも考えられます。頭皮は毛根が生えている基礎の部分ですから、この状況が悪ければ薄毛になることは避けられません。頭皮の状況は遺伝子やホルモンなど自分でどうにもならないものの影響ではなく、自分で何とかできることなので、原因を知って適切に対処していきましょう。血行を促進させること、必要な栄養を摂取すること、頭皮を清潔に保つこと、この三つが頭皮の状況を悪くしないために必要なことなのです。

 頭皮の血行不良

頭皮の血行不良髪の毛を成長させるには栄養が必要です。その栄養は血液によって運ばれます。しかし、頭皮の血行が良くないと栄養が毛根にまで行き届かないため、毛髪の成長が阻害され、薄毛の原因となってしまいます。肩こりやタバコ、ストレス、運動不足といった要因で血行不良が起こります。薄毛が気になる人はこれらに注意するようにしましょう。

頭皮の栄養不足

そもそも頭皮に必要な栄養が不足していては、血行を良くしても運ぶ栄養がありませんから薄毛になるに決まっています。ここでは頭皮に必要な栄養について解説しています。タンパク質や亜鉛、ビタミンなどが不足しないようにしましょう。カプサイシンやイソフラボン、銅なども頭皮を健康にする作用のある栄養なので積極的に摂取しましょう。また、タバコを吸うと頭皮に必要な栄養分であるビタミンCを壊してしまいますから、薄毛に悩んでいるなら禁煙した方がいいでしょう。

頭皮に雑菌が繁殖

頭皮の雑菌頭を洗った後、乾かさずに放置していたりすると、頭皮に雑菌が異常繁殖してしまいます。雑菌と言っても元々は普段から頭皮にいる菌なのです。頭皮には皮膚常在菌と呼ばれる細菌が1㎠あたり数十万から数百万もいて、普段は髪の役に立っているのですが、皮膚常在菌のエサとなる頭皮の皮脂やフケが増えると、皮膚常在菌が異常繁殖して菌のバランスが崩れ、頭皮にトラブルが発生するので薄毛や抜け毛の原因となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください