薄毛は男性だけの悩みではありません。それどころか、女性の方が薄毛になった時の悩みは深刻なものです。女性の薄毛には男性型脱毛症(AGA)と女性型脱毛症があります。男性型脱毛症は男性ホルモンが原因ですが、女性型脱毛症はその名のとおり女性ホルモンが原因の薄毛です。

解明されていない女性型脱毛症

女性型脱毛症とは女性型脱毛症の症状は、頭頂部を中心として毛の量が減り、一本一本が細くなってきて髪全体のボリュームが減ってくるというものです。男性のように生え際が後退することはありませんし、薄毛の進行スピードもそれほど速くはありません。しかし、女性に発症する男性型脱毛症についても同様な症状がみられるため、どちらもまとめてびまん性脱毛症と呼ぶ医師もいます。

遺伝的要因や加齢などを原因として閉経後の高齢女性に見られることが多いのですが、最近では40代前後の女性にも散見されます。それは、過剰なダイエットや誤ったヘアケアが原因だと言われています。また、長期のストレスを感じることによって血行が悪化したり、ピル(経口避妊薬)の服用と中止によってホルモン分泌が変化したりすることも女性型脱毛症の原因となります。

女性型脱毛症に関しては専門家の間でも見解が分かれていますが、エストロゲンという女性ホルモンの減少によるものとする意見が多いようです。また、遺伝的要因や生活習慣との関係の可能性も考えられています。

確実と言える治療法はまだ確立されていませんが、ミノキシジルなどの血管拡張薬や栄養バランスを整えるサプリメントなどが使われることが多いようです。また、ホルモン療法やメディカルヘアケア、液体窒素療法などを行う病院もあり、一定の効果を上げているようです。また、女性向けの育毛メソセラピーも高い治療効果があると言われており、急速に広まっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください