男性型脱毛症があるように、女性型脱毛症というものもあります。女性の命ともいえる髪が抜けるのは精神的なショックも大きいでしょう。この女性型脱毛というのはどういったもので、何が原因で起こるものなのでしょう。

女性型脱毛症とは

全体に薄く女性型脱毛症では、頭頂部を中心に髪が少なくなり、全体的に薄くなるのが特徴です。男性のようにM字型になることはなく、生え際の変化はほとんど見られません。髪の分け目を中心として全体的に薄くなるびまん性脱毛になることもあります。女性ホルモンのエストロゲンが減少することで起こると言われていますが、詳細はまだはっきりとは解明されていません。しかし、様々な治療法が開発されており、いずれその全容が解明される日が来るかもしれません。

 女性型脱毛症の起こる仕組み

女性型脱毛症は男性ホルモンを原因とするAGAとは反対にエストロゲンという女性ホルモンが原因だと言われています。28歳を過ぎるとエストロゲンが減少していきます。すると毛周期が短くなり、薄毛になると言われていますが、今だ完全に解明されているわけではありません。今後の研究が待たれるところです。

女性型脱毛症が発症する原因

ストレスも原因エストロゲンは加齢とともに減っていきます。また、ストレスによってもエストロゲンは減少します。その他、無理なダイエットやストレス、不規則な生活、運動不足でもエストロゲンが減少し、薄毛の原因となってしまいます。ホルモンバランスを崩してしまうような生活習慣を改め、薄毛対策を行いましょう。これらは健康のためにもなることですから、ぜひ実践してみてください。


女性型脱毛症」への1件のフィードバック

  • 2014年11月14日 1:22 PM
    パーマリンク

    私も最近抜け毛が多くて悩んでいます。遺伝的にも薄毛になる確率は高そうなので、今から対策を考えたいと思い、ネットでいろいろと調べてみました。女性の場合はホルモンバランスが薄毛の原因になるのですね。若いころは無理なダイエットにも挑戦したりしたので、これからは気を付けないといけないな、と記事を読んでみて思わさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください