女性にも男性型脱毛症は発症します。薄毛に悩んで病院に行く女性の中の半数程度が男性型脱毛症だとも言われています。しかし、女性の男性型脱毛症(FAGA)はAGAとは違う点もあります。どうして女性なのに男性型脱毛症が起こってしまうのか、その仕組みと原因を理解しておきましょう。女性にとっての髪の悩みは深刻ですから、早めに治療することが大切です。

FAGAとは

FAGAとはFAGAとは女性の男性型脱毛症です。女性にも男性ホルモンが存在しているので、男性と同じようなメカニズムで脱毛症になってしまいます。しかし、男性のように額の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなったりすることは多くありません。全体的に髪が薄くなるびまん性脱毛症という症状になりやすいのが特徴です。最近では女性の社会進出に伴うストレスの増大や不規則な生活習慣、さらに過度なダイエットなどによりFAGAの低年齢化が進んでいます。AGAと同じく早期の治療が大切です。

FAGAの起こる仕組み

女性にも男性ホルモンがあるので男性型脱毛症を発症してしまうことがあります。その仕組みも男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼと結合してジヒドロテストステロンを生成するなど、ほぼ同じものです。しかし、なぜ女性なのにそんなに男性ホルモンの影響を受けてしまうのでしょうか。それは、女性ホルモンが減少することで相対的に男性ホルモンの割合が増えてしまい、その影響力が強くなってしまうからです。しかし、女性にはジヒドロテストステロンが脱毛因子を増やすのに必要なアンドロゲンレセプターが少ないためツルツルになるほど薄毛が進行してしまう人は多くありません。

FAGAが発症する原因

FAGAの原因女性にもテストステロンという男性ホルモンが存在するためFAGAを発症する人がいます。その発症の原因ははっきりとは分かっていませんが、女性がFAGAを発症する原因は卵巣機能の低下が原因だ、という説もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください