薄毛に悩んでいる人は、どうして薄毛になってしまうのかという仕組みも気になるのではないでしょうか。その仕組みについて説明しましょう。

AGAとは男性型の薄毛で、額や頭頂部の毛が薄くなり、地肌が見えてくることが特徴です。このAGAが起こる仕組みには男性ホルモンが関係していると言われています。

AGAの原因物質はジヒドロテストステロン

AGAのしくみ男性ホルモンの一種のテストステロンという物質が5αーリダクターゼという酵素と結びつくことによりジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化します。このジヒドロテストステロンは元のテストステロンよりも活性化していて、これが抜け毛の原因だと言われています。

DHTはさらに男性ホルモン受容体アンドロゲンレセプターと結合します。ここでできる物質によってAGAになる人とそうでない人が分かれるのです。レセプターとは、体外や体内からの刺激を受け取って、情報として利用するよう変換する仕組みを持った構造のことで、この場合はDHTによる刺激を受け取って、IGF-1かTGF-β1という物質を作り出します。

IGF-1という物質ができた場合は髪が生え、薄毛になりません。しかし、TGF-β1という物質ができた場合は薄毛になります。薄毛の人の毛根にはTGF-β1があることが分かっています。TGF-β1は内因性生理活性タンパク質で、これが毛包細胞内のTGF-β1レセプターに働きかけ、毛包細胞の細胞自然死を起こします。これが原因で髪の毛の成長期間を短くし、毛髪が短期間で抜けてしまうため、抜け毛の原因となっているのです。

額の生え際や頭頂部が薄くなる理由

薄毛で悩んでいる男性の多くは、額の生え際や頭頂部から髪が薄くなっていきます。これは、5αリダクターゼがこれらの部分の毛根に多く含まれているからです。これに対して、後頭部や側頭部の毛根には5αリダクターゼが少ないので、薄毛になりにくいのです。頭部の前面がバーコードのようになっていても、側頭部や後頭部はふさふさしている人が多いのはこのためです。

AGAの人の頭皮を顕微鏡で見てみると、額の生え際や頭頂部にも産毛は生えていることが多いようです。AGAの仕組みを考えると、毛根自体が無くなってしまうというわけではないのです。AGAの人も、毛根の数は髪が多い人とほとんど変わりません。 ですから、適切な治療や生活習慣の改善などによって、薄毛を改善できる可能性は十分にあります。あきらめずに対処をしていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください