男性型脱毛症のことをAGAとも言います。AGAは「Androgenetic Alopecia」の略です。AGAで悩んでいる人は全国で1,260万人もいると言われています。

AGAの特徴は、思春期以降の男性に良くみられ、髪の生え際や頭頂部の毛のボリュームがなくなって地肌が見えてくる症状にあります。また、髪の毛が細くなったり、頭皮が脂っぽくなったり、毛が伸びなかったり、抜け毛が多くなるなどの症状もあります。

AGAは治療できます

治療できますAGAは放っておくとどんどん進行してしまう厄介なものです。できるだけ早めに医師の治療を受けましょう。現在では薄毛の相談に乗ってくれる専門外来もありますから、気軽に利用しましょう。AGAには国内初の経口型の育毛剤フィナステリドや、頭皮に塗るミノキシジル(リアップ)などが有効とされています。フィナステリドには薄毛やはげの原因物質が作り出されるのを阻害する働きがあり、ミノキシジルには血管を拡張し血行を良くする効果があります。

AGAと薄毛

薄毛は、頭皮への血流が滞ったり、栄養が不足したりといった様々な原因で、毛母細胞の機能が低下することで起こります。毛髪には休止期、成長期、退行期がありますが、毛母細胞の機能が低下すると成長期が短くなり、休止期が長くなるため毛髪が薄くなるのです。その中でもAGAとは5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンと結びついてジヒドロテストステロン(DHT)という物質になり、このDHTが原因で毛母細胞の機能を低下させるものです。薄毛の中でもAGAは、こういった原因のものを指します。

AGAの噂、ウソ?ホント?

AGAにはいろいろな噂があります。それらを検証していきましょう。

白髪の人は薄毛にならない?

白髪の原因は、髪を黒くするメラニン色素を作り出すメラノサイトという色素細胞にあります。AGAの原因とは全く関係ありませんから、白髪と抜け毛は無関係です。

父親が薄毛だと自分も薄毛になる?

確かに禿げやすい体質というものは遺伝します。しかし、薄毛を発症するかどうかということはまた別問題です。ストレスや加齢などをきっかけに薄毛を発症しやすくなりますが、きっかけが無ければ薄毛を発症しないこともあります。また、薄毛体質の遺伝は優性遺伝だということが分かっています。ですから、女性側の遺伝の影響が強く、父親よりも母方の祖父の影響を受けやすいとも言われています。父親が薄毛だから自分も薄毛になるというのは、正しいとも正しくないとも言い切れないのです。

体毛が濃い人は禿げやすい?

これは間違いです。確かに体毛が濃くなることと男性ホルモンの間には関連性があります。しかし、AGAになるには5αリダクターゼという物質の存在が関係してきます。ですから、体毛が濃くても薄毛にならない人もいますし、体毛が薄くても薄毛に悩んでいる人はいます。体毛が薄いからと言っても男性ホルモンの分泌量が少ないわけではありません。体毛が濃いか薄いかは、男性ホルモンへの体の反応によるものなのです。

ヒジキやワカメを食べると毛が生えてくる?

ヒジキやワカメなどの海藻類には、髪の発育に必要なミネラルなどが含まれています。しかし、AGAの原因とは無関係なので、これらを食べることでAGAが改善するということはありません。それよりも、ヒジキやワカメ等ばかりを食べて、栄養バランスを崩してしまうことの方が、薄毛には悪影響を与えます。バランスの良い食事を心がけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください