男性型脱毛症は、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変形したものが原因となって起こります。頭頂部や髪の生え際が薄くなることが特徴です。遺伝との関係もAGAの要因であるとされていますが、第二次世界大戦後、急激にAGAにかかる人が増えたことから、生活習慣も大きな要因であると考えられています。薄毛は誰しも気になるものです。治療の前に、まずはAGAについての知識を深めましょう。

AGAとは

AGAの原因男性型脱毛症のことをAGAとも言います。テレビのコマーシャルなどでおなじみになった言葉ですね。AGAは進行する症状なので、早めの対処が必要です。AGAについて、巷でよく言われている噂についても本当か嘘か検証していきましょう。

AGAの起こる仕組み

サイクルAGAは男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンという物質に変わり、その物質が原因で髪の成長サイクルが短くなり、髪が抜けやすくなるという仕組みで起こります。AGAの仕組みを知ることでその対処方法も分かってきます。特にAGAの人は額の生え際や頭頂部が薄くなってきますが、その理由も知っておきましょう。

AGAが発症する原因

AGAは発症する人と発症しない人がいます。その違いは、生活習慣やストレスが原因となります。また、若年性の薄毛は遺伝によるとも言われていますが、必ずしも親がAGAだから子供もAGAになるというものではありません。また、AGAの発症には生活習慣も大きく関わっていると思われます。AGAが発症する原因を把握して、治療につなげていきましょう。

AGAと年齢の関係

AGAは40代以降一気に多くなっていきます。これには、テストステロンやジヒドロテストステロンの量の増減が関係しています。年齢によって起こる薄毛の原因について知っておきましょう。特に若いのに薄毛で悩んでいる人は、重大な疾患にかかっている可能性もあります。たかが薄毛と考えない方がいいかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください