薄毛の原因にはいろいろなものがあります。ストレスや生活習慣、食生活、誤ったシャンプー選びなどです。そして、薄毛には男性型と女性型というものもあります。それぞれについて説明していきます。

男性型脱毛症(AGA)

薄毛AGAという言葉をコマーシャルなどで聞いたことがある人も多いでしょう。AGAは男性型脱毛症のことです。男性型脱毛症の特徴は、髪の生え際や頭頂部が薄くなることです。主に思春期を過ぎた男性がなりやすい脱毛症です。男性ホルモンの影響によって起こりやすく、そのメカニズムもかなり解明されてきています。男性型脱毛症には医療用医薬品のフィナステリドや頭皮につけるミノキシジルといった薬剤が有効です。脱毛症状がどんどん進行していく点も特徴の一つです。

女性の男性型脱毛症(FAGA)

女性にも男性ホルモンはありますから、女性が男性型脱毛症になることもあります。その発症のメカニズムも男性と同じです。しかし、この症状に有効なフィナステリドは胎児に深刻な影響を与える副作用の危険があるため女性は使用することができません。そのため、女性の男性型脱毛症は治療が難しく深刻な問題となっています。この症状について、なぜ発症する人としない人がいるのかも詳しくは分かっていません。ホルモンバランスが影響しているという人もいますが、はっきり分かっていないため対処が難しい脱毛症です。

女性型脱毛症

女性の抜け毛男性型脱毛症に対して女性型脱毛症というのもあります。こちらは女性ホルモンのエストロゲンが原因だと考えられています。一部分が薄くなるのではなく全体的に抜け毛が増え、地肌が見えるようになるのが特徴で、びまん性脱毛症とも言われます。過剰なダイエットやストレス、不規則な生活等が原因とみられます。思い当たる点がないかどうか、自分の生活習慣を見直してみましょう。

頭皮の状況が悪い

手入れ男性ホルモンやダイエットが原因ではなく、頭皮の状況が悪い場合も薄毛の原因となります。頭皮は髪の毛の土台となる部分ですから、この部分が健康でなければいくら薄毛を改善しようとしても上手くいくはずがありません。血行不良や栄養不足、細菌の繁殖といった要因によっても薄毛が起こるのです。自分の頭皮にあてはまる点がないかどうかをチェックして、髪の毛が生えやすい頭皮を作りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください