シート接着タイプの増毛法で代表的なものはアートネイチャーのヘアフォーライフやアデランスのヘアパーフェクトリベラなどです。部分的な薄毛に効果的な増毛法です。

質の低いヘアサロンではトラブルも

シートタイプシート接着タイプの増毛法は極薄のシートに人工毛を植毛し、そのシートを頭皮に貼り付けて毛髪を増やすという方法です。以前は接着力が弱くて外れてしまったり、蒸れやかぶれなどの皮膚トラブルが起こることもありましたが、現在では技術が進み通気性と粘着力の高いシートと、肌に優しい接着剤が開発されたためそのような心配はほとんどなくなりました。一部分だけ薄毛が進行していて、その部分だけを増毛したいという場合に最も適した方法がこのシート接着タイプの増毛法です。一部分しか薄くなっていないのに全体をカバーするようなかつらや増毛法を行っては、帰って頭皮にダメージを与えて薄毛の進行を進めてしまうことがありますが、シート接着タイプなら初期段階のAGAを適度にカバーしてくれます。ただ、増毛時の料金は高めで、手のひらサイズのシートで約60万円ほどかかってしまいます

シート接着タイプのデメリット

シート接着タイプの増毛法のデメリットは、接着剤が肌に合わない人がいるということです。肌に優しい接着剤が開発されたと言っても、中には肌に合わない人がいるのです。その場合は、湿度が高くなるために蒸れて毛穴が炎症を起こすなどのトラブルが起こることもあります。これに関しては実際に試してみるしかありません。もしも、何かトラブルが起こったらすぐ相談するようにしましょう。

メンテナンスの必要性

接着タイプの増毛法は、人工毛を植え付けたシートを頭皮に貼るというものなので、自毛が伸びてくるとシートが浮かび上がってきますし、接着剤の力も弱くなってくるので定期的なメンテナンスが必要です。このメンテナンスは2~4週間に一回程度必要なので、他のタイプの増毛法よりもやや面倒です。メンテナンス料金は一回5千円から1万円ぐらいです。これを怠ると頭皮がかぶれてしまう可能性もあるので、面倒でもきちんとメンテナンスを行いましょう。

ヘアサロン選びは慎重に

シートを貼るような増毛法では、近くで見ればすぐに増毛していることがばれてしまうのではないかと不安に思う人もいるでしょう。しかし、質の高いヘアサロンのシートは毛穴までリアルに作られていますから近くで見られてもばれる心配はありません。ただ、質の低いヘアサロンではまだシャンプーをすると剥がれてしまったり通気性が悪かったりすることがあるので注意が必要です。インターネットの口コミなどを調べて、質の高い増毛を行ってくれるヘアサロンを見つけましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください