人工毛によって薄毛を解消する増毛には3つのタイプがあり、結毛タイプは自然な見た目が特徴です。アートネイチャーのマープやアデランスのピンポイントフィックスなどが有名です。

自毛に人工毛を結び付ける

結毛タイプ結毛タイプの増毛法は、自毛一本につき2本から6本ほどの人工毛を結び付けて髪の毛を増やす方法です。結びつける技術や人工毛の質によっても変わってきますが、アートネイチャーやアデランスなどの大手や技術力の高いところになると非常に自然な仕上がりになります。見た目が自然で、水や熱にも強いので普段の生活には全く支障が無く、お風呂や水泳なども問題なくこなせます。

結毛タイプの増毛法のデメリット

結毛タイプの増毛法は自前の髪の毛に人工毛を結び付けるため髪や頭皮への負担が大きくなるという欠点があったのですが、質の高い人工毛を使い、高い技術の手作業で結びつけることで髪や頭皮への負担は最小限に抑えられるようになっています。ただ、人工毛を結び付けている自毛が抜けると、一気に人工毛も抜けてしまいます。一本抜けたぐらいではそれほど影響もありませんが、メンテナンスを怠ると徐々に隙間が空いてきてしまいます。また、自毛が少ない場合は結び付けることができる人工毛の本数も限られてしまうため、それほどボリュームアップできないこともありますし、自毛がほとんどない人だと結毛タイプの増毛は利用できません。

結毛タイプの増毛の費用

増毛にかかる料金は人工毛一本につき40円から100円ぐらいが相場のようです。また、自毛が伸びると結び付けた人工毛の位置が上がり、ヘアーブラシなどが引っ掛かってしまいます。そのため、結び目を根元に元してやらなければいけませんが、そのためのメンテナンスが1か月か2か月に一回程度必要になります。その際の料金は人工毛の本数にもよりますが1万円から2万円程度かかります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください