植毛はその名のとおり頭皮に髪の毛を植えることで薄毛を改善する方法です。この方法には自毛植毛と人工毛植毛の二つの方法があります。植えるものが違うだけだと思うかもしれませんが、この二つの間には大きな違いがあります。それぞれの特徴をしっかり理解して、慎重に行わなくてはいけません。特に人工毛植毛は副作用の危険性もあるため、内容をよく理解しておきましょう。

自毛植毛

植毛自分の毛をたくさんあるところから薄いところへ移植する自毛植毛は欧米ではポピュラーな薄毛治療法です。ジヒドロテストステロンの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を移植するので、仕上がりも自然ですし抜けてもまた健康な毛が生えてくるという素晴らしい薄毛対策です。これからの薄毛治療の主力になる可能性を秘めています。しかし、移植できる本数に限りがあったり、費用が高かったり、傷跡が残ったりといったデメリットもあります。

人工毛植毛

人工毛植毛は合成繊維でできた毛を頭皮に植え込む薄毛治療法です。施術も早く値段も安いのですがデメリットも大きい方法です。特に副作用の危険があることは見逃せません。そのため、アメリカでは禁止されている方法なのです。日本では禁止はされていませんが、拒絶反応によって化膿や感染症を引き起こす危険性が指摘されており、日本皮膚科学会でもお勧めできない方法だと言われています。また、一度の手術費用は自毛植毛よりも安いのですが、半年程度で抜けてしまうことが多いため、何度も植毛の施術を受けなくてはならず、結局はかなり高価になってしまいます。これらのことを考えると、気軽に手を出してよい方法とは言えません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください