男性だけでなく女性にも薄毛で悩んでいる人はいます。しかし、育毛剤や治療を行ったりかつらをかぶるのは抵抗があるという人は、髪型で薄毛を目立たなくする方法を考えましょう。

男性の薄毛が目立たない髪型

薄毛と言っても男性と女性ではハゲ方も違いますし、同じ髪型をするわけにもいきません。・まずは男性向けの薄毛が目立たない髪型について考えてみましょう。

隠すという意識をなくす

男性の場合、薄毛を隠すために髪を伸ばそうとする傾向があります。髪が豊富にあった時の髪型をできるだけ変えたくないと思うのかもしれませんが、これは逆効果です。鏡で見た時には薄毛が隠れていても、見る角度が変わったり、光の加減や風で髪がなびいたりしたときなどにばれてしまうばかりか、不自然さが際立って余計に目立ってしまいます。髪が豊富だったころと比べるとどうしても髪のボリュームもシルエットも異なりますから、同じ髪型をキープすることには無理があるのです。

人は違和感のないものにはそれほど反応しません。薄毛が目立たない髪型をすれば周りの人も別におかしいとは思いません。しかし、薄毛を隠すために少ない髪で頭皮を隠そうとすると人目を引いてしまいます。薄毛を隠そうとする行為は他人には情けない、格好悪いと思われます。もっとひどい言い方をすると、男としての器が小さいとまで思われてしまいます。薄毛が恥ずかしいのではなく、薄毛を隠そうとする行為が恥ずかしいのです。

薄毛の男性はあえて短髪にするべき

薄毛の男性でも格好いい人はいます。芸能人や俳優などでも格好いい人はいるでしょう。そのような人はほとんどの場合短髪にしています。薄毛の男性は髪を短くする方が良いのです。短髪なんて余計に薄毛が目立つ、と思うかもしれませんが、ブルース・ウイリスやニコラス・ケイジは格好いいと思いませんか?短髪にしたうえで薄毛を目立たなくするためには、カラーリングをして髪を肌の色に近づけることがおすすめです。これだととてもおしゃれに見えます。また、スポーツ刈りも薄毛が目立たず違和感が少なくなります。

女性の薄毛が目立たない髪型

「髪は女の命」と言われるほどですから、女性にとっての薄毛の悩みは深刻なものです。しかし、女性の場合は短髪にするわけにもいきません。女性向けの薄毛が目立たない髪型はどんなものでしょうか。

前頭部が薄い人向けの髪型

前髪が薄くなっておでこが広くなる方もおられます。産後の抜け毛などでなりやすい症状です。この場合は薄毛が目立たない髪型センター分けを止めてサイド分けにするとあまり目立たなくなります。分け目は毎日変えるようにしてくださいね。でないとその分け目から薄毛が進行してしまいますから。また、美容師さんに「前髪を多く」と注文すると、頭頂部に近いところから前髪としてカットしてくれるので、前髪のボリュームを出すことができます。また、生え際に太いブラシでシャドーを入れたり、チークを入れたりすると生え際に産毛絵が生えているように見えるのでおでこが狭く見えます。指やブラシで適当にぼかすようにグレーやブラウンを入れるといいでしょう。その他、オールバックや前髪を9:1に分けて前髪を横流しにしたり、頭頂部から多めに前髪を作ってショートヘアにするというのも前頭部の薄毛が目立たなくなる髪型です。

頭頂部が薄い人向けの髪型

頭頂部の薄毛には上手く分け目を変えることができれば目立たなく出来ることもあります。つむじの辺りが薄い場合は後ろに髪を流すように、てっぺんの分け目が薄いなら髪の分け目を左右にずらして薄い部分をカバーするといいでしょう。さらに、薄毛の進行がそれほどではない場合は、前髪や頭頂部の髪をすいて軽くすると、髪の毛が立ち上がりやすくなるので薄毛が目立たなくなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください