薄毛を改善するための王道は、内服薬や外用薬を使用し、生活習慣なども整えて自毛が生えてくるようにすることです。しかし、薄毛がかなり進んでしまっている人や、すぐに薄毛を何とかしたいと思っている人はそんな悠長なことをしていられません。自毛を生やす以外の薄毛対策についてご説明します。

かつら(ウィッグ)

現在のかつらの技術の進歩には目覚ましいものがあります。シャンプーができたり連続着用が可能だったりと、普通に生活をしていても違和感がありませんし、ちゃんとしたものなら取れたりずれたりする心配もありません。。また、円形脱毛症や壮年性脱毛症など、部分的に脱毛がある場合、部分脱毛というものもあります。全かつらよりも安価で、使用するのに抵抗を感じにくいようです。

増毛

増毛人工の毛髪によって髪を増やす増毛には三つのタイプがあります。結毛タイプ、編み込みタイプ、接着タイプの三つです。結毛タイプは自毛の根元に人工毛を数本ずつ結び付ける方法です、編み込みタイプは自毛に糸を使って土台を編み込み、その土台に人工毛を編み込む方法です。どちらもある程度自毛がないと増毛できませんし、自毛が伸びてくると不自然になるので、定期的にメンテナンスが必要になります。接着タイプは人工毛を植え付けたシートを接着剤などで頭皮に貼り付ける方法で、自毛がなくても増毛できますsが、接着剤が肌に合わなかったり、頭皮が蒸れたりすることがあります。それぞれに特徴がありますから自分に合った増毛法を理解しましょう。

植毛

髪の毛を植えて増やす植毛は、仕上がりも自然んでスポーツや入浴なども気にせず行うことができます。植毛には自毛植毛と人工毛植毛がありますが、それぞれには大きな違いがあります。自毛植毛は自分のしっかりした毛を薄い部分に植えるので、生着率も高く抜けてもまた生えてきます。ただし、自分の頭髪を濃いところから薄いところに持ってくるだけなので、植毛できる本数に限りがあります。それに対して人工植毛はその名のとおり人工的に作った毛髪を頭皮に無理矢理植えつけるので、生着することはなく半年から1年程度で抜けてしまいます。一回当たりの施術料金は自毛植毛よりは安いのですが、半年ごとにずっと植毛を続けなくてはいけません。さらに副作用などの恐れもあります。人工植毛はアメリカでは禁止されている方法なのです。

ヘアースタイルの工夫

工夫薄毛が気になりだしたらあなたはどんな髪型にしますか。つい誤魔化そうとして髪を伸ばしてしまいがちですが、それでは余計に薄毛が目立ってしまいます。男性の場合は特に極端なぐらいの短髪にすることをお勧めします。そうすることで薄毛が目立たなくなるばかりか、男らしさや清潔さが醸し出されて周囲の人に好印象を抱かれることが多いのです。女性の場合も、薄毛の場所に応じてヘアースタイルを工夫することで目立たなくすることもできますし、アップにするとさわやかな印象を与えることもできます。薄毛が目立たない、または薄毛がかっこいいヘアースタイルを工夫してみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください