薄毛に悩む人のために様々な育毛剤、発毛剤、養毛剤といったものが売られています。さて、いったいこれらの違いは何でしょうか。どれを使えば最も効果的に薄毛を治療できるのでしょうか。似たような名前なので混同しがちですが、これらにははっきりと違いがあるのです。

効果による分類

発毛剤、育毛剤、養毛剤・・・どれがどれだか分からなくなってしまう人もいるかもしれません。しかし、幹事を見ればそれぞれの効果は一目瞭然です。自分の薄毛の度合いによってうまく使い分けましょう。

発毛剤

発毛剤は毛を発する、つまり毛を生やす効果が期待されるものです。毛母細胞に働きかけて毛が抜けてしまった毛根から新しい毛を発毛させることが目的の商品です。養毛剤や育毛剤と比べると、かなり薄毛が進行してしまっている人が使用するべき商品です。

育毛剤

育毛剤は髪を育てるための商品です。毛髪の成長を促します。効果としては、毛母細胞や毛根に働きかけて新陳代謝を促して育毛を助けたり、頭皮の血行を良くすることで毛根に栄養が届きやすくしたり、雑菌の繁殖や炎症を抑えて脱毛を防いだり、頭皮を保湿して育毛に適した環境にしたりすることがあります。

女性用の育毛剤は、頭皮が男性よりもデリケートな女性のために有効成分が男性用よりも低い濃度で配合されているので、効果の現れ方は緩やかです。

養毛剤

養毛剤は髪の毛を養うための商品です。脱毛を押さえて毛髪を保護してくれます。含まれているものは栄養成分や保湿成分、皮脂・フケを予防する成分などで、今ある髪の毛が抜けるのを防ぎ、髪を健康に保つ働きが期待されます。まだ薄毛がそれほど目立っていない人向けの商品と言えるでしょう。

育毛剤と養毛剤は今ある髪の毛を維持することを目的としているので同じように思えるかもしれませんが、育毛剤の方が効き目が強いものが多いようです。漢字の意味においても、「養う」は生存させる、生活の面倒を見るという意味で最低限の世話というイメージですが、「育てる」は教育やしつけを通して人間として立派に成長させるという意味も含んでいます。

薬事法による分類

発毛剤、育毛剤、養毛剤には色々なものがありますから例外もありますが、ある程度は薬事法においても分類することができます。

発毛剤

育発養毛剤の違い毛母細胞に直接働きかけて新しい毛髪が生えてくるのを助けてくれる発毛剤は、かなり薄毛が進んでしまった方に効果的に働きます。リアップなどがこれに当たりますが、発毛剤は薬事法上の医薬品に相当し副作用の恐れもあるので、医師や薬剤師の指導の下で使用しなくてはいけません。効果が高い分、慎重に扱うべきものなのです。

育毛剤

育毛剤の働きは毛髪の成長を促すことです。フケやかゆみなどの薄毛に悪影響のある症状を抑え、血行促進、男性ホルモンの働きの抑制などの効果を与えながら毛髪を成長させます。ブブカなどが有名ですね。育毛剤は薬事法上の医薬部外品に当たり、即効性はありませんが髪の成長をサポートする働きがあります。

養毛剤

養毛剤は抜け毛を防ぎ、髪を保護してくれます。養毛剤の多くは化粧品という分類になります。育毛剤よりも効果が軽く、大きな薬効などは期待できないものが多いでしょう。もちろん、効果が全くないという訳ではありませんが、ある程度薄毛が進行している人が使用してもあまり効果は上がらないと思われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください