薄毛を何とかしたいと思うなら、髪の毛に対する正しい知識を持つことも大切です。誤った知識でさらに髪の毛にダメージを与えないように正しい知識を学びましょう。また、髪の毛に対する噂話の真偽についても説明しています。おかしな噂に惑わされないようにしましょう。

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違い

違い巷には育毛剤や発毛剤、養毛剤といった商品があふれかえっています。これらにはどのような違いがあるのでしょうか。インターネットなどの情報でも混同しているものがあるので注意が必要です。薬事法上の分類や効果の違いなどをしっかり把握して、自分の薄毛に効果的なものを選びましょう。

育毛、発毛、増毛の違い

薄毛の治療法は自分に合ったものを選ばなくてはいけません。今ある髪を太く腰があるものにしたいのか、髪を生やしたいのか、手っ取り早く増やしたいのかによって治療法は変わります。育毛は今ある髪が弱らないように大切に育てていく方法で、発毛は頭皮や毛根、抜け毛に関係する男性ホルモンなどの環境を整えて髪が生えてくるようにする方法です。これらの方法は少なくとも半年程度の時間がかかります。急いで髪を増やしたい人は増毛を選ぶことになりますが、費用も高くメンテナンスが必要などのデメリットもあります。

髪が生える仕組み

髪がなぜ生えてくるのかを知ることは薄毛対策にも必要なことです。髪が生える仕組みを知り、なぜその仕組みが上手く働かないかを知ることで薄毛の対策を行うことができます。毛母細胞や毛乳頭の働きを知っておきましょう。また、髪の構造についても説明しています。健康な髪を生やすためにしっかり栄養を摂るようにしてください。

毛周期とは

毛周期髪の毛は成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しています。これが毛周期です。このサイクルによって、毛髪が抜けてもまた生えてくるのです。毛乳頭が生きていればこのサイクルは続きます。しかし、薄毛の人は様々な要因によって成長期が短くなっています。そのため髪が十分に成長しきれず、細くて弱々しい髪の毛になるのです。さらに、短いサイクルで毛周期を繰り返すと、毛母細胞の働きが失われて髪が二度と生えてこなくなってしまいます。

白髪と薄毛の関係

白髪の人は薄毛になりにくいという話を聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、これは間違いです。白髪はメラニン色素の減少によって引き起こされるもので、薄毛は毛母細胞の衰えによるものです。原因が違うので両者の間に因果関係はありません。ストレスや睡眠不足、血行不良などが原因の若白髪の場合は、これらを改善することで白髪を減らすとともに薄毛を改善することも可能です。 白髪があるから薄毛にならないというのとは全く反対ですね。薄毛の人は白髪も生えていないのでこのような誤解を招いたのではないでしょうか。

筋肉を付けるとハゲる?

筋肉筋トレをして筋肉を付けるとハゲるという説があります。筋トレをすると薄毛の原因となる男性ホルモンが分泌されることと、筋トレをすることで髪の生育に必要なタンパク質を消費してしまうことがこの説の根拠のようです。これらの二つのことは確かに、間違ってはいません。しかし、筋トレには成長ホルモンを分泌して毛母細胞を修復したり、血行を良くして頭皮や毛根に栄養を運びやすくするという良い影響もあるのです。どちらの影響が強いかははっきり分かっていませんが、結局は個人差ということでしょうか。

 

プラセンタで発毛・育毛できる?

プラセンタとは胎盤のことで、胎児を成長させるための豊富な栄養を持っています。そのため、近年では美容やアンチエイジングに利用されるようになってきました。そして、このプラセンタには細胞の活性化や血流の向上、ホルモンバランスの改善などの効果があり、発毛・育毛にも効果的だということが分かってきたのです。即効性も期待でき、女性にも使用可能ということで注目を集め始めているプラセンタ治療はどのようなものでしょうか。メリット・デメリットについても説明しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください